« タイヤの日 | トップページ | ディスクの空き領域不足の通知メッセージを無効にする »

2011年4月 1日 (金)

限りなき生命の歓喜を

高森顕徹先生の『歎異抄をひらく』2部18章に、
親鸞聖人唯一のメッセージは、限りなき生命の歓喜を獲る以外に人間として生まれた目的は無いのだと教えておられることを、親鸞学徒の皆さんと拝読しました。

『煩悩具足の凡夫・火宅無常の世界は、
 万のこと皆もってそらごと・たわごと・真実あることなきに、
 ただ念仏のみぞまことにておわします(『歎異抄』後序)

火宅のような不安な世界に住む、煩悩にまみれた人間のすべては、
そらごと、たわごとばかりで、真実は一つもない。ただ弥陀より賜った念仏のみが、まことである。

「ただ念仏のみぞまことにておわします」
 みな人よ、限りなき生命の歓喜(摂取不捨の利益)を獲て、ただ念仏するほか、人と生まれし本懐はないのだよ』

 聞法の目的は、病気や災害、事故や災難に遭わない為ではなく、人生出世の本懐を果たす為の聞法であることを、皆さんと共に確認していきます!

|

« タイヤの日 | トップページ | ディスクの空き領域不足の通知メッセージを無効にする »

信心の沙汰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531590/51261414

この記事へのトラックバック一覧です: 限りなき生命の歓喜を:

« タイヤの日 | トップページ | ディスクの空き領域不足の通知メッセージを無効にする »