« 本当の救助 | トップページ | 利き目 »

2011年3月25日 (金)

「真実」と「方便」

親鸞学徒の皆さんと、信心の沙汰をしました。

「真実」と「方便」について、の話になり、一般的に言われる「方便」と、仏教で教えられる「方便」の違いについて、確認をしました。

一般的には「方便」と聞くと、「ああ、嘘も方便といわれる『方便』ですね」となりますが、
・有っても、無くても良い
・無いよりは有ったほうが良い
嘘ならば、
・有るよりも無い方がよい
と思うかもしれません。

 しかし、仏教で教えられる「方便」は、「真実を知るに絶対必要なもの」を「方便」と教えられます。
ですから、真実を求める私達にとりまして、「方便はいらない」「方便は必要ない」ということは、ありません。

 蓮如上人仰せられ候、「方便を悪しということは、有るまじきなり。
 方便を以て真実を顕わす廃立の義よくよく知るべし。
 弥陀・釈迦・善知識の善巧方便によりて、真実の信をば獲ることなる」
 由仰せられ候と云々。       (御一代記聞書)

蓮如上人の仰有る御文を教えていただいて、改めて知らされましたhappy01

|

« 本当の救助 | トップページ | 利き目 »

信心の沙汰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531590/51212494

この記事へのトラックバック一覧です: 「真実」と「方便」:

« 本当の救助 | トップページ | 利き目 »