« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月 2日 (木)

断捨離って?

今、何かと話題を呼んでいるのが『断捨離』という本です。
片付け方法の実践ということで、いろいろな雑誌や番組で取り上げられているみたいですが、その意味を聞いて、なるほど、と思いました。

 不必要な物が、入ってくることを「断ち」
 いらない物を 「捨て」
 手放したくない執着から「離れる」

 整理整頓が出来ない人は、この断捨離の実践が出来ない、コントロールできない、という考え方だそうです。高野山で、この様な道場に通ったとか聞きました。ちなみに、断捨離を実践している人を、ダンシャリアンと呼ぶらしいです。。。

「欲しい」と思っても、「本当に今、必要か?」冷静に考えてみれば、2~3日も考えれば、「やっぱり要らない」という物が、ほとんどではないか、と思います。私たちの欲の心は底がありませんから、
「あれが欲しい、これが欲しい、金が欲しい、物が欲しい、薄型テレビが欲しい、新しい携帯電話が欲しい、……」きりがありません。欲をかき立てる情報や物に溢れ、これでもか!これでもか!といわんばかりです。

そして、この〝断捨離〟は手段であって、目的が大事だ、とご本人のページからの引用です。

私たちは、片づけるために、生まれてきたのではないですよね。
私たちは、収納するために、生まれてきたのではないですよね。
私たちは、掃除をするために、生まれてきたわけではないですよね。

生まれてきた理由は、やはり、幸福な人生を歩むため。
(ここまで)

なるほど!そうですよね。私たちは片づけをするために生まれてきたのではないですし、掃除をする為に生きているのでもありません。
目的がハッキリしてこそ、手段が大事になります。

同じように、一世を風靡した『超・整理法』の著者・野口悠紀雄氏も、著書「超整理法:時間編」の中で

「私たちの持っている時間は有限。それをいかに有効に使うか。
 それには、まず最初に人生の目的を把握しろ、と教えている。
 目的を把握しないで行動しても、労多くして功少なしである。」

と書いていました。

 整理整頓や掃除が大切なのも、より良く生きる為でしょう。では、より良く生きるとは?どうすれば、より良い人生になれるのでしょうか?良い人生とは、幸せな人生ということですが、何を求めれば幸せな人生となるのでしょうか?

 その生きる目的をハッキリ教えられたのが、お釈迦様であり、親鸞聖人です。

 しかし、この「断捨離」の実践は、物が片付きそうですねwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »