« 草の根っこが深い | トップページ | 世々生々の父母兄弟 »

2010年6月21日 (月)

教科書に書いてあるから常識?

『「念仏を称えたら誰でも極楽へ往ける、と教えたのが親鸞聖人」という、広く世にひろまっている迷妄がある。』と書かれた一節があります。
歴史の教科書にまで載っている、親鸞聖人への大きな誤解です。
ですが、教科書に載っているから間違いない、と多くの人が信じています。私も高校生の時の日本史の教科書で読んで、高森顕徹先生から聞かせていただくまでは、この様に思っていました。

ですが、教科書に載っているから、本当に間違いないのでしょうか?

私も覚えましたが、「1192作ろう鎌倉幕府」の語呂合わせが懐かしいhappy01ですけど、最近の教科書には、鎌倉幕府の成立は1185年説が掲載されているそうですcoldsweats02
『いつのまにか変わってる 地理・歴史の教科書』とか、『こんなに変わった歴史教科書』という本まで出ています。間違いないと信じ込んでいる教科書の記述も、流動的のようです。教科書に書いてあるから常識、という一文は、通用しないようです。

本当に教科書に書かれていることが正しいかどうか?は、正確な根拠に基づいて判断せねばなりません。

親鸞聖人が本当に、「「念仏を称えたら誰でも極楽へ往ける、と教えた」方なのかどうかは、親鸞聖人にお尋ねするほか、ありません。

親鸞聖人直筆の正信偈には、
「速入寂静無為楽 必以信心為能入」
「正定之因唯信心」
極楽浄土に往くには、必ず信心を以て極楽へ往くのだと明らかに仰言っています。
実際に、歎異抄にも、
「弥陀の本願には老少善悪の人をえらばず、ただ信心を要とすと知るべし」(『歎異抄』第一章)
と、ハッキリ書かれています。

教科書に書かれているから正しいのか、それは正確な根拠に基づいて書かれている内容なのか、正しい判断が必要ですねhappy01

happy01

|

« 草の根っこが深い | トップページ | 世々生々の父母兄弟 »

モーリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531590/48684696

この記事へのトラックバック一覧です: 教科書に書いてあるから常識?:

« 草の根っこが深い | トップページ | 世々生々の父母兄弟 »