« 有っても、無くても。 | トップページ | 親鸞聖人が教えられる人生観 »

2009年12月 6日 (日)

たった2文字の重みを知らされました。

今日は電話座談会のご縁でした。
『なぜ生きる』の「はじめに」の、「親鸞聖人ほど、人生の目的を明示し、その達成を勧められた方はない」の「ほど」の2文字には、大変深い内容が込められている事を、1日かけて聞かせて頂きました。

どうして、「親鸞聖人ほど」と書かれているのか、と多くの人が思っている疑問に感じるところだと思いますし、実は、この疑問の底には、多くの人が抱いている迷信があることを、お聞きしました。

たった2文字ではありますが、この中にはこの様な、多くの人の迷信に対してのお答えや、更に開いて『なぜ生きる』のいろいろな所に関連したご解説がなされていることに、とても感動しましたsign01

重ねて『なぜ生きる』を読ませて頂かねばならないと、法友とも信心の沙汰で盛り上がりましたhappy01

|

« 有っても、無くても。 | トップページ | 親鸞聖人が教えられる人生観 »

モーリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531590/46950911

この記事へのトラックバック一覧です: たった2文字の重みを知らされました。:

« 有っても、無くても。 | トップページ | 親鸞聖人が教えられる人生観 »