« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月22日 (火)

便利な機能・リマインダー

使っているメールソフトは、Becky!といいますが、このBecky!には、いろいろな便利な機能が備わっています。

よく使うのは、リマインダーです。
新規メールでメール作成画面にして、例えば、このメールの送信期日は○月○日までに、とハッキリしていれば、その前日までには思い出すように「リマインドさせるように」、働いてくれます。下の画像で言えば、上の方にある、赤い○で囲んだアイコンが、リマインダーです。

例えば、、、、
Reminder_2

メールの件名に「○○さんへ連絡」と入れて、その思い出させる日時を入力しておきます。
アクションのところで、「受信する」にしておけば、受信箱に入ってきますし、「編集用に開く」としておけば、メール編集画面になります。
私が利用するのは、「編集用に開く」が多いです。

毎月することならば、思い出させる日を何日と指定しておけば、その日にはメール編集画面になるので、思い出して実行します。
実行し終わったら、またリマインダー登録です。今度は、翌月の実行する日の前に、日付を合わせておきます。その日になれば、また、メール編集画面になるわけです。

Becky!を起動したときに、すでにその期限が過ぎていた場合、起動すると同時に、新規メールのウィンドウがドドオーっと開いてきますcoldsweats01

先日、昨年末に、来年の12月にやろうと思っていたことをリマインダー登録しておいたものが出てきて、、、、
「ああ、もう1年も経ったのかぁ……」
って思いました。

今年もあと10日しか無いんだってcoldsweats02
いつまでも時間があるような気がしているんですが、限りある時間、限りある命ですから。リマインダー機能を上手につかって、無駄な時を過ごすことが無いようにしたいと思いますhappy01up

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

謎めいた歎異抄の「謎」の理由

今日は、テレビ座談会で、『歎異抄をひらく』を通して、聞かせていただきました。

歎異抄には、何度も「念仏」が出てきます。10章までに20回以上、2章に至っては6回も出てきます。
改めて、そんなにも書かれていたのかと、驚きました。

念仏とは、口で南无阿弥陀仏と称える事ですから、口称の念仏とも言われますが、念仏と言っても、称え心によって変わります。
ちょうど、泣いている、涙を流しているといっても、涙にも、その人の心によっていろいろです。同じように目を真っ赤にして泣いていても、嬉しくて泣いている人もいれば、悲しくて泣いている人もあり、怒っている人もあるでしょう。

親鸞聖人は、念仏は、称え心によって3通りの念仏があると教えられた事をお聞きしました。
・万行随一の念仏
・万行超過の念仏
・自然法爾の念仏
の3つです。

浄土真宗、親鸞聖人の教えといえば、念仏、念仏と言われますが、ほとんどの人は、魔除けやまじないのように思っています。念仏には、3通りの念仏があることと、歎異抄で書かれている「念仏」が、どの念仏なのか?が分からないと、歎異抄を読むことは出来ないことが知らされました。

正しく理解しないと、念仏の解釈に矛盾が生じてしまい、「謎めいた歎異抄」と言った人もあったそうです。

その様な謎は、念仏といっても3通りの念仏があり、そして、歎異抄に書かれた念仏は正しい信心から出ている念仏であり、念仏の心を正しく知らないから生じる謎であり、教えを学ばねばならないと思いました。

同時に、正しい教学が無い人が読むと、聖人の教えを誤解してしまう怖れがあるので、誰にも彼にも披見させてはなりませんよと、後の世の私たちを心配なされて「歎異抄」を封印なされた、蓮如上人のお言葉の意味も、分からせて頂きました。

謎めいたどころか、スッキリしたご解説を頂いている事に、凄い感動です!!
もっと『歎異抄をひらく』を読ませていただかないと!と法友とも信心の沙汰で盛り上がっていますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

ピンからキリまで

ピンからキリまでって、どっちがピンでどっちがキリなの?高校生の時に、泉ピン子さんの名前の由来を聞いたときに、一番の女優になるようにと願いを込めてピン子にしたと聞いたことがあったんですが、記憶が曖昧で、少し調べてみましたので、メモ書きを。

結論から言うと、ピンが上で、キリが下のようです。

諸説まちまちですが、ピンキリの「ピン」は、サイコロやカルタの目の「一」を意味して、転じて「初め」「最上」の意味となったようです。
一方、「キリ」は、「限り」を意味する「切り」を語源とする説が有力のようです。
これらから、始めから終わりまで、上から下まで、という意味で、ピンキリといったりします。パソコンと言ってもピンキリだよとか、使いますcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

仏教は法鏡である。

13日は、高森顕徹先生のテレビ座談会でしたsign01

仏教は法鏡である、とお釈迦様はお亡くなりになる時に仰有ったとお聞きします。

法鏡とは?法とは、は印度の昔の言葉ではダルマ、今日の言葉で言いますと、真実の、という意味になります。主観を入れない、思いを入れない、思想を入れない、そのもの。ということです。曲がったものは曲がったもの、真っ直ぐなものは真っ直ぐなもの、ということです。
鏡とは、映して見せるものですから、法鏡とは、真実を映す鏡。つまり、「お前の本当の姿は、こういうものだぞ」と教えられたのが、仏教、だと教えられています。

鏡から遠くで見ると、綺麗に見えていても、まんざらではないな、と見えていても、鏡に近づいて見てみると、ゾーッとします。
白髪を一本見つけては、あ!!と驚きますcoldsweats01
今まで無かったシミができていると、え!!と驚きますcoldsweats02
肉眼で近づいてさえ、驚くのですが、これを顕微鏡で見てみたらどうか……ありのままの姿と聞くと、如何に分かっていないか?が分かります。自分の思っている姿が本当の自分ではない、自分は、自惚れ強くて、自分の本当の姿は分からないとお聞きし、反省です。

法鏡に映れた自分のことが書かれているお言葉が、仏教にはたくさんあります。仏教をそのまま教えられた親鸞聖人にも、そのようなお言葉がたくさんあります。

上っ面をごまかすのではなく、自分の知らないところにある真実の自己の姿を教えられた、仏教の深さに、反省させられました。本当の幸せに向かって、深い教えを、もっと聞かせて頂きたいと思いますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

タッチパッドの有効(ON)/無効(OFF)を切り替える方法

ノートパソコンでキーボードで入力していると、知らない間にマウスカーソルが動くことがあります。
これは、キーボードで入力中に、知らない間に、親指の内側が触れてしまっているためです。
(こんな感じです)
Tp03

これを防ぐためには、もし、マウス派ならば、もうタッチパッド機能をOFFにしてしまうのが一番です。
タッチパッドの有効(ON)/無効(OFF)を切り替える方法は2つあります。

①マウスを接続した上で、画面右下のタッチパッドアイコンを右クリックして、「有効(ON)/無効(OFF)」を切り替える方法
Tp01
(図の黄色い○印のアイコンです)

 ★これは、マウスが無いと、無効から有効にはできなくなりますので、戻すときには注意が必要です。

②ダイナブックでは、ファンクション(キーボード左下にある Fnキー)を押しながら、F9キーを押すと、タッチパッドの有効(ON)/無効(OFF)が切り替わります。
(F9キーを押すと①で紹介したアイコンが、ONになったりOFFになったりします)
Tp02

これで、煩わしいことも無くなるでしょうcoldsweats01
もし、タッチパッドが動かなくて焦った時も、この方法で復旧できますので、お試し下さいcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

デフレスパイラルから抜け出せない……

最近、よく話題になる「デフレ」ですが、更に景気が悪化すると、「デフレスパイラル」という現象に突入します。
スパイラルとは、螺旋階段のことですから、螺旋階段を駆け下りるようにデフレの勢いが増して、どんどん不景気になっていく状態を表す経済用語です。

デフレにも因果関係がありましたが、デフレスパイラルにも、因果関係があります。生じた結果がまた、原因となり、次々に結果を引き起こし、その結果が因となって、さらに次の結果を引き起こします。

(因)景気が悪化する。
    (因)
   ↓
(果)商品の売れ行きが悪くなります。
    (因)
   ↓
(果)売れないので値下げする。
    (因)
   ↓
(果)値下げした分、店の収益が減少します(*_*)
    (因)
   ↓
(果)もらえる給与が削減されます(*_*)
    (因)
   ↓
(果)消費者は家計が苦しくなり、さらに商品の購入を控える
   ようになります(*_*)
    (因)
   ↓
(果)さらに景気が悪化します……
    (因)
   ↓
(果)ますます商品の売れ行きが悪くなります。。。。
    (因)
   ↓
(果)売れないので、もっと値下げするようになります。
    (因)
   ↓
(果)当然、値下げによって企業の収益は悪化します。
    (因)
   ↓
(果)さらに給与は削減されます。
    (因)
   ↓
(果)消費者は、これまで以上にますます家計が苦しくなり、
   更に商品の購入を控えるようになります。
    (因)
   ↓
    ………

一度始まった悪循環は、なかなか止める事ができませんbearing
私たちも、一度、苦しみの輪に入り込むと、なかなか抜け出すことができなくなります。これを、惑業苦と仏教では教えられています。苦しみの螺旋階段を落ちていく様に、苦しみの輪から抜け出せなくなる前に、軌道修正をしなければ、大変な事になります。

本当の幸せの道を教えられた、真実の仏教を、もっと聞かせて頂きたいと思います!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

デフレともう一つの大問題

昨今、政府がデフレを認識したと公表され、不況感が広がっています。牛丼も、チェーン店で軒並み値下げ、値下げとなって、すき家では並盛り280円smileお小遣いが減った人たちからは喜びの声が起こっていますdelicious

デフレとは、デフレーションのことで、インフレとは反対にモノの値段が下がり続けることです。

モノの値段が下がるという結果には、必ず原因があります。原因なしに起きる結果は、万に一つ、億に一つも無い、と仏法では教えられます。詳しくはこちらから。

では、なぜ、モノの値段が下がるんでしょうか???
単純に考えますと、モノが売れないからです。

では、なぜモノが売れないのでしょうか?
買う人が、それほどまでして欲しいと思わなくなるからです。

では、なぜ買おうとしないのでしょうか?
お金が無いからです。
今、使ってしまうと、将来、困るかもしれないからです。

では、将来、何に困るのでしょうか?
老後、病気、不慮の事故、年金がもらえないかも、、、

しかし、最後、一番困るのは、死ぬかもしれないということではないでしょうか?

病気になったり、不慮の事故にあっても、治療に通うお金が無かったら、病気で苦しまねばなりません。だから、お金を持っていないと困るのです。
老後、一人になって誰も支えてくれなくなったら生きていけません。だから、蓄えが無いと困るのです。

生きていけなくなるかもしれない、これは大変な事です。
こども手当、年金問題、気がつけば話題になっている事は、生きていけないかもしれない不安を、どうしたら解消できるか?という一点に尽きます。

なぜ大変な事なのか?といえば、生きていけなくなった後、確実な未来、死んだらどうなるか?がハッキリしないからです。
未来がハッキリしていれば、心配は必要有りません。ハッキリしていないので、不安になります。

デフレとは何か?
どうすればデフレから抜け出せるか?
と言うことばかりに議論が終始しがちですが、実は、もう一つの大問題が潜んでいることを忘れていました。

そんな大切な事を教えられた、親鸞聖人のみ教えを続けて聞かせていただきたいと思いますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

親鸞聖人が教えられる人生観

私たちは、一生といえば、50年乃至70年、80年、長い人で100年を人生と考えていますが、親鸞聖人のお言葉には、

「昿劫多生のあいだにも」とか「多生にも値いがたく」「億劫にもえがたし」等と、書かれています。

一劫は4億3200万年の事です。気の遠くなるような、果てしない生命の流れを教えられています。
さすれば、その永遠の生命の中の70年80年の人生は、ほんの一瞬。シャボン玉のような一生と譬えられるのも、頷けますcoldsweats02

親鸞聖人が教えられる人生観は、永遠の生命の中の、人生です。

「悠々たるかな天壌、遼々たるかな古今」と言った人がありましたが、仏法で教えられる私たちの魂の歴史は、まさに悠々と流れる大河の流れのようで、生まれてから死ぬまでの人生は、ぷくっと出来ては消える泡のようなもの、とも言われます。

飲んだり食べたり歌ったり、儲かった損をした、惚れたはれたと騒いでいても、振り返ってみると、泡のように消えゆく命だと思うと、何のためにあくせく生きているのか?と思います。

そんな泡のような人生に、大切な目的がある。

未来永劫、浮かぶか沈むかの大問題が、この一瞬の命に掛かっていると、親鸞聖人は教えられました。
ですから、本当に紙一重の大問題であり、この人生100年の今の瞬間が勝負なのだと知らされます。
永遠の生命から見ればシャボン玉のような一生が、もの凄く重い一瞬なんですねcoldsweats02
親鸞聖人の教えられた人生観には、圧倒されます。

一回、一回の聞法のご縁は、果てしない過去から未来永遠の大問題を解決する大切な一瞬一瞬でありますから、大切に求めさせて頂きたいと思いますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

たった2文字の重みを知らされました。

今日は電話座談会のご縁でした。
『なぜ生きる』の「はじめに」の、「親鸞聖人ほど、人生の目的を明示し、その達成を勧められた方はない」の「ほど」の2文字には、大変深い内容が込められている事を、1日かけて聞かせて頂きました。

どうして、「親鸞聖人ほど」と書かれているのか、と多くの人が思っている疑問に感じるところだと思いますし、実は、この疑問の底には、多くの人が抱いている迷信があることを、お聞きしました。

たった2文字ではありますが、この中にはこの様な、多くの人の迷信に対してのお答えや、更に開いて『なぜ生きる』のいろいろな所に関連したご解説がなされていることに、とても感動しましたsign01

重ねて『なぜ生きる』を読ませて頂かねばならないと、法友とも信心の沙汰で盛り上がりましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

有っても、無くても。

「金持ちも貧乏も、いずれにしても番人にすぎない」というお話が有ります。

金持ちというのは、金の当番。
貧乏なのは、金の非番のことである。
今日は非番でも、明日は当番になるかも知れぬ。
当番と非番、いつ代わるか分からぬが、いずれにしても番人にすぎぬということだ。

高森顕徹先生の『光に向かって心地よい果実』の一節です。

自分はお金を持っていないから、金の番人じゃないよ、という人がいましたt-shirt
そこで、2人で考えてみました。

何かを手にすれば幸せになれるだろう。
じゃあ、何を手にすれば良いのだろう……?

真っ先に思いついたのは、やっぱりお金でした。

先行き不安な経済情勢、日本経済もまだまだ底打ちは見えそうにありません。将来の収入が確保できそうにないと分かったら、なるべくお金を使わないようにして、将来や、老後の為に蓄えます。贅沢品だと思ったら、以前だったら買っていたものでも我慢して、おやつを食べるのも100円のスナックに切り替えてdelicious、少しでも節約しようと、考えています。ビールもお酒も、節約節約で、安い店を探しています。

その心の底にあるのは、
「お金が無かったら、幸せにはなれないから」

住む家が無くなっては大変ですから、住まいを準備せねばなりませんが、それにはお金が必要です。
病気になったら治療に行くにも、お金がかかります。
お腹がすいて食べるのにも、お金がかかります。
子供が大きくなれば、養育費もかかります。

とすれば、知らず知らずにうちに、金の番人になっている自分が、そこにいました。。。coldsweats01

読んだだけではなく、やっぱり、話をすることが大事ですねhappy01
幸せに向かって、一歩一歩、進んでいきたいと思いますwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

便利なシャチハタ・プチネーム

最近手にした、便利なシャチハタを紹介します。その名もプチネーム
これです。
S01

携帯のストラップにもなりますし、キャップを外せば
S02

よく印鑑を持ち歩いていないので、押せずに困ることがありますが、これで問題解決ですcoldsweats01
店頭で購入して、ネーム(シャチハタ)はネット上で申し込み、1週間ほどで届きましたよ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

知っただけじゃ意味が無い??

よく「知っているだけじゃ意味がない」と口にする人があります。
これは、とんでもない!!と思いませんか?
「知っている」ということの凄さが分からないから、口にしてしまうのだと思いますが、凄さを知らないのは、勿体ないことだと思いますdespair

そんな人には、知っていることの凄さを分かってもらいたいですし、その凄さを伝えなければなりませんねhappy01

「人生には目的がある!それは、現在完成できる。だから、早く完成しなさいよ」
親鸞聖人90年の教えは、これ以外には有りませんでした。だから、親鸞聖人の教えを、平生業成の教え、といわれるのです。

親鸞聖人の教えに触れ、教えを聞かせていただく、人生の目的を知らされた、ということが、どんなに凄いことか、その凄さを私もよく知らなければならないと思いました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

PowerPointViewerが起動しない(2)

以前、PowerPointViewer(パワーポイントビューアー)が起動しないというメモを残しましたが、その続編です。
新たなパターンが発見されましたので、メモ書きとして残しておきます。

(オフィスの後にPowerPointViewerをインストールした場合)
→問題なく起動します。

(PowerPointViewerの後にオフィスをインストールした場合)
→PowerPointViewerが起動しなくなります。

(解決策)
 PowerPointのファイルをダブルクリックすると、「ファイルを開くプログラムの選択」の画面になります。
 そこで、「参照」をクリックして、PowerPointViewer2007でしたら、

c:\Program Files\Microsoft Office\Office12

の中に、実行ファイルが見つかるはずですので、ダブルクリックします。

 これで、次から、PowerPointファイルをダブルクリックすれば、PowerPointViewerが起動して、スライドショーを見ることが出来るようになります。

 上記に該当しない場合は、、PowerPointViewer(パワーポイントビューアー)が起動しないを参考にして下さいcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

どうしても因果の道理と思えない時

先日、話をしていた時に、「どうしても因果の道理とは思えない」というコメントがありました。

仏教では「良いのも、悪いのも、自分の運命の全ては自分のまいた種まきの結果」と教えられます。因果の道理は、万に一つ、億に一つ、兆に一つも例外が有りません。

自分の現れた結果には、それ相応の原因があったのです。因果応報に狂いはありません。当然ながら、原因が分からないということは、たくさん有るでしょう。ですが、原因が無い事と、分からない事は、全く別です。

都合の良いときは、「これは、自分が努力した結果だ」と喜べますが、都合が悪い時には「とても、自分のやった行いの報いとは思えない」心が見え隠れします。悪い種まきは、忘れてしまっていますからね……coldsweats01

なかなか聞けない自分を知らされ、都合の良いようにしか聞けない事を、反省させられますねbearing

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »