« 8月31日とは? | トップページ | 自分では止められない「逮捕されて良かった」の悲劇 »

2009年9月 1日 (火)

「なんで?」「どうして?8キロ以下なの?」

小さな子と話をしていると、目の前の事に何でも興味を覚えて、大人に向かって聞いてくるのは
「ねえねえ、なんで?」
「ねえねえ、どうして?」
ということばかりです。

日曜日の朝、洗車をしながら、出かける時間が迫っていたので、前日、高速道路を走って付着したフロントの汚れだけ洗い流していると

「ねえねえ、後ろは?横は、どうして洗わないの?洗わなくていいの??」

と聞いてきました。
「時間がないから、今日は省略しているんだよ。(つまり怠けているんだよ)」
とは言えず、結局、慌てて後ろも横も洗い流してると

「なんで、タイヤは洗わないの?タイヤに水をかけないの?」

と尋ねてきました。

誤魔化しは効きません。しっかり洗車できましたcoldsweats01

そうして、とある駐車場へ入ると、
『構内徐行。時速8キロ以下』
という表示がありました。それを口に出して読んでいると、また、始まりました。

Img_0566

「どうして、8キロ以下なの?ねえ、なんで?」

即答できず、調べたところ……

まず、徐行とは、法的には「徐行=すぐに停止できる速度」となっているようです。教習所などでもらう本には、「ブレーキを踏んで1m以内に止まれる速度」とか、「時速10キロ以内」とか、表現はいろいろあるみたいですが、意味は「すぐに停止できる速度」に間違いは有りません。

ところが、具体的に、徐行=何キロか?という明確な表示は無いようです。そこで、駐車場など、人が飛び出してくる可能性もある、という場所では10キロ以下、さらに10キロというと、心理的に10キロオーバーしていても「約10キロ」となりがちな心理作用もふまえて、10キロを下回った「8キロ」あたりで表示している駐車場が、多いみたいです。
これは、確証があるわけではないのですが、そのような説がある、という話です。確かに「8キロ」と言われると、そうとうノロノロだなあ、と意識しますし、メーターが10キロを超えない様に慎重にもなります。

表示されているのは一つの結果ですが、そこに至った理由、原因が必ずあります。それを知って「結果」を見るのと、知らずに眺めているだけでは、理解が異なります。しっかり理解するからこそ、失敗もしなくなるのではないでしょうか?

「なぜ、このように言われるのか?」
「なんで?」「どうして?」

仏教では、すべての結果には必ず原因がある。原因無しに起きる結果は、万に一つも、億に一つも無い、と教えられます。
もし失敗したならば、理由を知れば、同じ過ちも繰り返さなくなるでしょう。原因の究明こそが、さらなる前進、向上、しいては幸せへの道だと、知らされますねhappy01

|

« 8月31日とは? | トップページ | 自分では止められない「逮捕されて良かった」の悲劇 »

マイカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531590/46082262

この記事へのトラックバック一覧です: 「なんで?」「どうして?8キロ以下なの?」:

« 8月31日とは? | トップページ | 自分では止められない「逮捕されて良かった」の悲劇 »