« 自分だけは大丈夫???じゃないーーーーーーーーーーーー!! | トップページ | ご恩を知ること »

2009年9月11日 (金)

自分の番が来るのを忘れていた……

以前も紹介した、ヴォイス~命なき者の声~の続きを、ようやく少しずつ見ていますcoldsweats01。見やすい様にCMもカットされているので、ちょっとした合間に見ることが出来ていますup感謝です!

テーマとなっているのは、法医学という、耳に新しいテーマなんですが、先日の足利事件・再審開始決定のニュースでも、この法医学科警研とか、耳に入ってきました。
遺体から、亡くなった人の最期のメッセージを紐解いていく、という新たな視点で、予想外の展開に引き込まれていきます。紹介ブログもありました。

人の死。この一つの結果にも、なぜこうなったのか?この傷はどうして付いたのか?血中から検出される成分から分かること。個人的に、涙せずにおれなかったのは第7話の命がけのタイムセールでした。

その第8話では、解剖中に、学生の一人が誤ってB型肝炎患者から摘出した肝臓と血液の入ったシャーレを落とし、指を切ってしまい、感染の疑いが高まるという事件が起きました。当人は、ふさぎ込み、部屋の荷物整理を始めます。すると、その学生が、
「これまで、解剖台に上がるのは他人事の様に思っていたけれども、自分が上るかもしれないって思った。軽い気持ちで法医学に取り組んでいた。生と死について、初めて真剣に考えるようになった」
と心中を漏らす、そんな場面がありました。

遅かれ、早かれ、誰しも訪れる確実な未来を忘れ、人の遺体ばかり考えていた、本音だと思いました。
平生は、死んだら死んだ時だと言っている人も、実は、深い自己の洞察を忘れて、薄っぺらい知識の中だけで死をとらえているから、自分の死を意識した時に、慌てふためいて何も手に付かなくなってしまいます。

この厳粛な死をテーマにしたドラマ、とても考えさせられるものがありました。
主人公の台詞は「なんで?」「どうして、こうなるの?」に埋め尽くされていますが、とことん原因や理由を突き止めていくところにも、面白さがあります。

問題は、泉谷しげる扮する蕪木という、この法医学教室の技官なんですが、亡くなった人の事を「仏さん」と呼んでいるのですpout仏さま」の本当の意味は、親鸞学徒の皆さんからいつも教えていただいていますので、引っ掛かって仕方ありません!!

あと、見ていると、どこか私の通っていた大学と似た雰囲気のキャンパスなので、ロケ地はどこなのか?と調べていると、一橋大学だったようです。ちなみに、一橋大学と神戸大学(六甲台キャンパス)は、建物の造りがとても似ていますhappy01懐かしい感じがしました(*^。^*)

|

« 自分だけは大丈夫???じゃないーーーーーーーーーーーー!! | トップページ | ご恩を知ること »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

『ヴォイス』続きを観ているんですねhappy01
大阪では再放送をしてますtv

神戸大学と一橋大学のキャンパス似てるんですねshine
私の通っていた短大は知恩院の敷地内にあったので”キャンパス”っていう感じでは無かったのですが…環境はとっても良かったですwink

投稿: | 2009年9月12日 (土) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531590/46180849

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の番が来るのを忘れていた……:

« 自分だけは大丈夫???じゃないーーーーーーーーーーーー!! | トップページ | ご恩を知ること »