« 弥陀の凄いお力 | トップページ | 生きるのがつらいと感じたことはありますか? »

2009年9月 8日 (火)

恐るべし!スーパー雑草の恐怖

9月7日に放映された、NHKクローズアップ現代で、「スーパー雑草大発生」という事態を知りました。

(クローズアップ現代のHPより抜粋)
今、除草剤が効かない"スーパー雑草"が拡大している。宮城県では田んぼに"オモダカ"という雑草が急速に増え、コメの収穫に影響が出ている。福岡県では麦畑に数種類の除草剤でも効かない雑草が出現した。雑草の効率的な管理は農家の宿願。それが1980年代に優れた除草剤が次々に登場し、一気に普及した。ところが同じ除草剤を散布し続けたことで雑草が抵抗性を獲得してしまったのだ。さらにアメリカでは、「グリホサート」という世界的に広く普及している除草剤が効かない雑草が登場。その除草剤に耐性を持つよう遺伝子組み換えされた農作物への影響が心配されている。
-----------------------

見ていても、この"オモダカ"の繁殖は、急激で、ある農家では稲の収量が、昨年の2割減という、深刻な事態を招いているそうです。4割減というケースもあるらしいです。

なぜこんな事になってしまったのか?
この背景には、農薬散布の在り方が関わっていました。

今までは何度も色々な種類の農薬を使って色々な植物を枯らしていたのですが、現在は単一の農薬SU剤の一回散布が主流になっています。
その農薬に対して、抵抗性がついたら。。。農薬が効かなくなってしまうんです!!!

実際に、同じ手を1980年代から使い続けてきた結果、とうとう抵抗性を持つ最強の雑草"オモダカ"が生まれてしまったそうです。

では、なぜ、このSU剤ばかりが用いられてきたのか?というと、農家の高齢化により、一回で済む農薬散布が好まれた、という背景があったんです。
農薬の撒きすぎは良くない。低農薬主義の影響もあり、「一回しか農薬散布していない」という方式が好まれたんです。消費者のニーズが、実は大きく関わっていたと、とも言えます。

もっと深刻なのがアメリカで、大量作付け+大量農薬散布=大量収量の構図で成り立っているアメリカ農業が、スーパー雑草が生えてきたとなれば、そのスーパー雑草を駆除する為に、さらに強力な農薬を散布し、いよいよ、全く農薬の効かないスーパー雑草が大量発生。結果的に、人手による雑草駆除は不可能となり、農家が次々に撤退しているそうです。

その打開策として紹介されていたのが、植物の力で植物を制す"総合防除"という手法。
例えばトウモロコシの下草としてクローバーclubを生やす。
そうすることでもって、最悪な雑草の生える余地を無くして、比較的、害の少ない雑草で手を打っておこうということらしいです。

人間の体は食べ物によって、作られています。食べ物の影響が、とてつもなく大きいです。農薬漬けにされた米、野菜ばかりを摂っていると、必ず体にも悪い影響が現れるでしょう。

結果的に、農薬の散布が、悪い循環を起こして、農業に深刻な問題をもたらしています。農業のみならず、人間の体にも、悪い影響をもたらし続けています。

無農薬有機栽培が注目を集めているのも、頷けます!
あ、ちなみに、私もよく読んでいる「はたけくらぶ」、面白いですよsmile 先日も、草むしり三昧の記事が載っていましたが、こんな畑から育ってきた野菜は、体にも良いこと間違いありませんね!

|

« 弥陀の凄いお力 | トップページ | 生きるのがつらいと感じたことはありますか? »

プチグルメ」カテゴリの記事

コメント

ブログに紹介していただき、ありがとうございます(o^-^o)
人間の都合のいいようにしいたら、必ずそのつけが回ってくるんですよね。
畑の主役は、野菜達。
野菜が、いかに気持ちよく成長してくれるかを考えて行動するのが大事なんだと、この仕事を始めてから感じるようになりました。
これからも、ブログ楽しみにしています(*゚▽゚)ノ

投稿: なおちゃんぐ | 2009年9月 8日 (火) 23時11分

なおちゃんぐさん、コメント有り難うございました。残暑厳しいですが、頑張ってくださいsun

投稿: モーリー | 2009年9月 9日 (水) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531590/46157082

この記事へのトラックバック一覧です: 恐るべし!スーパー雑草の恐怖:

« 弥陀の凄いお力 | トップページ | 生きるのがつらいと感じたことはありますか? »