« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月11日 (金)

自分の番が来るのを忘れていた……

以前も紹介した、ヴォイス~命なき者の声~の続きを、ようやく少しずつ見ていますcoldsweats01。見やすい様にCMもカットされているので、ちょっとした合間に見ることが出来ていますup感謝です!

テーマとなっているのは、法医学という、耳に新しいテーマなんですが、先日の足利事件・再審開始決定のニュースでも、この法医学科警研とか、耳に入ってきました。
遺体から、亡くなった人の最期のメッセージを紐解いていく、という新たな視点で、予想外の展開に引き込まれていきます。紹介ブログもありました。

人の死。この一つの結果にも、なぜこうなったのか?この傷はどうして付いたのか?血中から検出される成分から分かること。個人的に、涙せずにおれなかったのは第7話の命がけのタイムセールでした。

その第8話では、解剖中に、学生の一人が誤ってB型肝炎患者から摘出した肝臓と血液の入ったシャーレを落とし、指を切ってしまい、感染の疑いが高まるという事件が起きました。当人は、ふさぎ込み、部屋の荷物整理を始めます。すると、その学生が、
「これまで、解剖台に上がるのは他人事の様に思っていたけれども、自分が上るかもしれないって思った。軽い気持ちで法医学に取り組んでいた。生と死について、初めて真剣に考えるようになった」
と心中を漏らす、そんな場面がありました。

遅かれ、早かれ、誰しも訪れる確実な未来を忘れ、人の遺体ばかり考えていた、本音だと思いました。
平生は、死んだら死んだ時だと言っている人も、実は、深い自己の洞察を忘れて、薄っぺらい知識の中だけで死をとらえているから、自分の死を意識した時に、慌てふためいて何も手に付かなくなってしまいます。

この厳粛な死をテーマにしたドラマ、とても考えさせられるものがありました。
主人公の台詞は「なんで?」「どうして、こうなるの?」に埋め尽くされていますが、とことん原因や理由を突き止めていくところにも、面白さがあります。

問題は、泉谷しげる扮する蕪木という、この法医学教室の技官なんですが、亡くなった人の事を「仏さん」と呼んでいるのですpout仏さま」の本当の意味は、親鸞学徒の皆さんからいつも教えていただいていますので、引っ掛かって仕方ありません!!

あと、見ていると、どこか私の通っていた大学と似た雰囲気のキャンパスなので、ロケ地はどこなのか?と調べていると、一橋大学だったようです。ちなみに、一橋大学と神戸大学(六甲台キャンパス)は、建物の造りがとても似ていますhappy01懐かしい感じがしました(*^。^*)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

自分だけは大丈夫???じゃないーーーーーーーーーーーー!!

振り込め詐欺事件が、富山県でも多発してきました。
最近、私の身近にも、結婚して所帯を持っている子供から

「お母さん、携帯の番号変わったから」
と電話が掛かってきて、ちょうど翌日に、その息子に会った時に

「どんな携帯にしたが?」(富山弁です)
「携帯?何も変えとらんよ」
「え?あんた、番号変えた言うて電話くれたにか」
「??それ、オレオレ詐欺じゃないがけ?」

という会話が有りました。遠い先の話かと思いきや、身近で起きたのでビックリですcoldsweats02まあ、実際に詐欺に遭わなくてよかったですけどね、要注意です!!

今朝のズームインスーパー!!の中でも、少し特集していましたけど、どんどん巧妙になる手口に驚きました。これまでに聞いたもので覚えているのは、、、

○(亡くなった人なのかどうか、ハッキリ覚えていませんが)以前、○○さんには上司でお世話になりまして、お礼に贈り物をしたいんですが……(カニを送る手口が紹介されていました)
 そんな電話が掛かってきたら、断る理由もなく承諾すると、安いカニが、何万円もの代引きで送られてくるそうですcoldsweats02

○天皇皇后の金婚式の記念に「金の額入り写真」が送りつけられてきて、中に「振り込み票」が入っている。高齢者をターゲットにしているらしく、これまでにも相当数の被害報告が寄せられている。

○内職を探している主婦へ、高額報酬だとすぐに疑われるので、手頃な収入(日給3千円~5千円)の案内をして、最初に高額なキットを購入させる。

金が欲しい、金が欲しい、これは、私たちの欲の一つですが、欲にはキリがありません。無ければ無いで欲しい、有れば有ったで、もっと欲しい、もっと欲しい、有って有りすぎる、ということが無い。これが、欲の心です。

際限なく広がる欲望、金が欲しいという欲から、如何に巧妙な手口で騙して金を取り込めるか?の悪知恵が、次から次へと生まれます。よくもこんなに思いつくものだと、思うと同時に、欲の心の恐ろしさが知らされます。
ターゲットは「自分だけは大丈夫!」と思っている人だそうです。如何に「大丈夫」と思わせるか?という詐欺グループと、騙されない防波堤を築く消費者との戦いは、まだまだ続きそうです。

冷静に考えれば、ばかばかしいと思えるものもありますので、とにかく、詐欺に関する情報を多く集めて、引っかかりやすい手口を防ぐ以外には無いですね。聞いていて、他人ごとではないなあ、と思いましたbearing

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

生きるのがつらいと感じたことはありますか?

今朝のNHKで、こんな質問をしていました。
「生きるのがつらいと感じたことはありますか?」

とても多くの人が「つらいと感じた事がある」と回答していましたbearing

日本での自殺者は年間3万人を超えたとの報道は10年になりました。この番組では、閉塞感漂う中で、その自殺を何とか止められないか?と活動をしている人の紹介をしていました。

調査の結果、自殺をした人の72%もの人が、自殺の前に誰かに相談していた、という事でした。
そして、54%の人は、自殺の前に、病院で診察も受けていた(精神科、心療内科 等)という調査結果も出ました。

尋ねても分からなかったからか、
或いは自分で調べても分からなかったからか?
自殺をした人は、いずれの場合も「なぜ生きるのか?」が分からなかったから、自らの命を絶っていったのだと、思います。

その活動家は、自殺に至る経緯を聞くことで、同じ境遇・立場の人が、自殺に至った人と異なる生き方、選択をすれば、自殺をしなくて済んだのではないか?自殺を考えている人へ、そんな選択を伝えたい、とのことでした。

しかし、生き方を変えることで、自殺は止められません。
生き方を変える、ということは、どう生きるか?の問題の解決であり、どんなに苦しくともなぜ生きねばならないのか?という人生の目的とは、根本的に異質の問題です。
たとえ「生き方」を変えても、どんな「生き方」を選択しても、「いきるのがつらい」と感じなくなるわけでは無いからです。
自殺や、人生の目的を問題にしている気になりましたが、話の内容は、人生の目的が抜け落ちた内容でした。

なぜ生きるの開顕一つに命をかけてこられた親鸞聖人の教えを聞かなければ、この答えは分かりません。
親鸞聖人の教えを聞かせて頂いている、ということは、本当に大変なことなのだと、テレビtvを見ていて、知らされましたsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

恐るべし!スーパー雑草の恐怖

9月7日に放映された、NHKクローズアップ現代で、「スーパー雑草大発生」という事態を知りました。

(クローズアップ現代のHPより抜粋)
今、除草剤が効かない"スーパー雑草"が拡大している。宮城県では田んぼに"オモダカ"という雑草が急速に増え、コメの収穫に影響が出ている。福岡県では麦畑に数種類の除草剤でも効かない雑草が出現した。雑草の効率的な管理は農家の宿願。それが1980年代に優れた除草剤が次々に登場し、一気に普及した。ところが同じ除草剤を散布し続けたことで雑草が抵抗性を獲得してしまったのだ。さらにアメリカでは、「グリホサート」という世界的に広く普及している除草剤が効かない雑草が登場。その除草剤に耐性を持つよう遺伝子組み換えされた農作物への影響が心配されている。
-----------------------

見ていても、この"オモダカ"の繁殖は、急激で、ある農家では稲の収量が、昨年の2割減という、深刻な事態を招いているそうです。4割減というケースもあるらしいです。

なぜこんな事になってしまったのか?
この背景には、農薬散布の在り方が関わっていました。

今までは何度も色々な種類の農薬を使って色々な植物を枯らしていたのですが、現在は単一の農薬SU剤の一回散布が主流になっています。
その農薬に対して、抵抗性がついたら。。。農薬が効かなくなってしまうんです!!!

実際に、同じ手を1980年代から使い続けてきた結果、とうとう抵抗性を持つ最強の雑草"オモダカ"が生まれてしまったそうです。

では、なぜ、このSU剤ばかりが用いられてきたのか?というと、農家の高齢化により、一回で済む農薬散布が好まれた、という背景があったんです。
農薬の撒きすぎは良くない。低農薬主義の影響もあり、「一回しか農薬散布していない」という方式が好まれたんです。消費者のニーズが、実は大きく関わっていたと、とも言えます。

もっと深刻なのがアメリカで、大量作付け+大量農薬散布=大量収量の構図で成り立っているアメリカ農業が、スーパー雑草が生えてきたとなれば、そのスーパー雑草を駆除する為に、さらに強力な農薬を散布し、いよいよ、全く農薬の効かないスーパー雑草が大量発生。結果的に、人手による雑草駆除は不可能となり、農家が次々に撤退しているそうです。

その打開策として紹介されていたのが、植物の力で植物を制す"総合防除"という手法。
例えばトウモロコシの下草としてクローバーclubを生やす。
そうすることでもって、最悪な雑草の生える余地を無くして、比較的、害の少ない雑草で手を打っておこうということらしいです。

人間の体は食べ物によって、作られています。食べ物の影響が、とてつもなく大きいです。農薬漬けにされた米、野菜ばかりを摂っていると、必ず体にも悪い影響が現れるでしょう。

結果的に、農薬の散布が、悪い循環を起こして、農業に深刻な問題をもたらしています。農業のみならず、人間の体にも、悪い影響をもたらし続けています。

無農薬有機栽培が注目を集めているのも、頷けます!
あ、ちなみに、私もよく読んでいる「はたけくらぶ」、面白いですよsmile 先日も、草むしり三昧の記事が載っていましたが、こんな畑から育ってきた野菜は、体にも良いこと間違いありませんね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

弥陀の凄いお力

トルコキキョウを頂きましたhappy01
2009090708080000

正信偈について、特に「獲信見敬大慶喜、即横超截五悪趣」の2行を通して、教えていただきました。

ですが、ここは正信偈の途中でありまして、この2行に書かれている御心を知るためには、必ず正信偈の最初
「帰命無量寿如来、南無不可思議光」
から聞かせていただかなければ、分からないと、知らされました。

弥陀の凄いお力、阿弥陀仏のつくられた南无阿弥陀仏の六字の名号の凄いお力を聞かせていただいて、感動の連続でしたsign03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

自転車操業って?

最近、本当にめまぐるしく忙しい忙しいで、「まるで自転車操業みたいになっています。目が回りそう……とか。」bearing
もう、ペダルをこいで、走って、こいで、走って、こいで、走って……という感じです(^^ゞ汗をぬぐう間も無い必死なレース!
Mini_l_bl

ところで、よく耳にする「自転車操業」について、なんで自転車なのか?と調べてみました。

○自転車とは?
 自転車はペダルを漕ぎ続けることで安定した走行が可能でですが、漕ぐのをやめるといつかは転倒してしまいます。そういう乗り物ですよね?

 では、なぜそこから「自転車操業」という意味になったのか?というと、現在、使われている意味で「自転車操業」と言われるようになったのは、どうもバブル崩壊以降のことだそうです。

“操業を停止すれば倒産しかねない企業が赤字覚悟で操業を続けること。”

つまり、「走るのをやめると倒れる自転車」みたいな企業経営です。
売上金の全部または多くの部分をそのまま仕入れ金に当てて辛うじて操業を続けること、あるいは、その状態を指す経済用語のひとつとして使われるようになりました。
特に、バブル崩壊以降に借金の返済と返済のための借金を連続して行う会社経営、もしくは個人的な資金繰りを指して自転車操業と解釈する意見が多いです。

この自転車の状態を経営収支に見立て、ペダルを漕ぎ続けることを操業とし、停止すると転倒、つまりは倒産する状態を喩えているんですね。
操業(経営)を維持するためには収入と支出の均衡が保たれていることが条件ですから、操業を維持する利益が確保されなければなりません。収入が切れたら、その収入を補うために借金し、なんとかその月の支払いを済ませても、翌月に思っているだけの利益が出ずに、前月の借金を返済する為に借金する。その繰り返しが、経営破綻につながります。

この状態は家庭の家計にあっても同様であって、収入に見合った分相応の支出を繰り合わせて収支をつけていって、問題なければ良いのですが、分相応以上に家や車を購入して、ローンを組んだりして、その返済のためにまたお金を借りて、借りたお金は返済に回すので、生活資金が無くなり、またお金を借りて……サブプライムローン問題は、この典型でした。返済されないとハッキリした債権が価値を失って、100年に一度の世界規模の経済危機となりました。

これでは、生活は成り立ちません。

こんなおかしな状態ですが、何も不思議な事が無いかのように、国の借金はかさみつづけ、予算80兆円のうちの半分が借金返済に回され、足りない収入はまた国債発行で借金をする。一体、どこまで借金が膨らみ続けるのでしょうか?

日本人は本当に金持ちなの?という小論文を学生の時に書いて、授業には出ていなかったのですが、その小論文だけで単位をもらったことがありましたがcoldsweats01、自転車操業、一体これから先、どうなっていくんでしょうね?

というわけで、忙しい忙しいで回っていることが、自転車操業では無いようでした。失礼しましたcoldsweats01
自転車こいでます

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年9月 4日 (金)

柚子茶

もう5~6年前になりますが、先輩から「柚子茶」の事を聞いて、それ以来、こよなく愛飲していますhappy01
(今朝の柚子茶)
Img_0569
風邪の予防や胃腸の消化を助ける働きがあるそうで、実際に試してみると、効果があって、縁がある度に飲んでいます。
身体を温めるので風邪のひき始めのときにも早めに温かいゆず茶が良いと言われます。

ゆずといえば、ビタミンやミネラルなどが豊富に含まれていることで有名です。果肉よりは皮のほうにずっと多く栄養が含まれているらしいです。

特にビタミンCは皮には果肉の4倍含まれ、ゆず全体ではレモンの3倍の量が含まれているそうですから、有機栽培のゆずや庭木のゆずを使って、皮ごとマーマレードやゆず茶として利用すれば、安心で、健康にも美容にも最適です。
Img_0577

他にも、ゆずに含まれる栄養素には、カロチン、ビタミンB1、B2、B6、ナイアシン、葉酸、パテトン酸、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、カルシウム、クエン酸、……等々です。

ビタミンCはコラーゲンの生成と関連があり、美肌効果があるといわれています。
また、お風呂spaに入れる人も多いようですが、ゆずの独特の香りは心身をリラックスさせる効果があります。ストレスを緩和し、気持ちをリフレッシュしてくれます。
冬至の頃には、この「ゆず湯」よく聞きますね。本当に身体が温まって、疲れが癒されるのが実感されますnote

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年9月 3日 (木)

牛乳はお好きですか?

好きな飲み物ですが、、、ズバリ牛乳taurusです。

先日も父が
「おまえは、牛乳ばっかり飲んでいた」
と言っていました。言われてみると、私と弟の2人で、毎日1リットルパックの牛乳が空になっていました。お陰で、骨は丈夫なのか(?)ラグビーをやっていた時も、腕や足の骨折は有りませんでした。ただ一回、鼻を骨折してしまい、そのせいで鼻がずれており、今も眼鏡eyeglassを掛けるとずり落ちてきてしまいますbearing

今日のデザートは、行きつけのサンキューパンプリン
Img_0585
こちらは、牛乳ではないですが、豆乳のはいったまろやかなプリンですよsmile

牛乳好きだから?かもしれませんが、記憶に残っているのが、平成12年の6月~7月にかけて、雪印集団食中毒事件です。
近畿地方を中心に発生して、雪印乳業(当時)の乳製品(主に低脂肪乳)による集団食中毒事件で、私も当時、神戸に住んでいたので、身近に感じましたが、認定者数1万人を超えた戦後最大の集団食中毒事件でした。雪印ブランドがあっという間に崩落した、当時は、とても衝撃的なニュースでした。そして、グループ内の雪印食品による牛肉偽装事件も発覚。トップブランドの雪印による不祥事は、当時の日本の酪農産業そのものを揺るがしかねない、大事件でした。

それから3年後、平成15年3月24日(日)付けの日本経済新聞に、雪印乳業の全面広告が掲載されていました。当時のメモを残していましたので、転載します。

全面広告の中に、小さな字で以下の文章が印字されています。

高森顕徹先生『光に向かって100の花束』
「光に向かって進むものは栄え、闇に向いて走るものは滅ぶ」
というお言葉が書かれていますが、このお言葉を想起せずにおれない広告でした。
-------------------------------------------------

       2003年3月、雪印。

 私たちが犯してきた、悪質な行為の数々。
 本当に申し訳ございません。
 企業そのものに人格があるならば、
 雪印は、感謝という心を持っていなかった、といえます。
 消費者の皆様、酪農家の皆様、牛乳販売店の皆様、
 お取引先の皆様、株主の皆様
 に向ける感謝がないことにさえ、気づいておりませんでした。
 現在も雪印製品を愛してくださっている皆様に、
 申し上げるべき言葉がございません。
「自分さえ良ければ(助かれば)いい」
「すべて他人事。すべては他人のせいにする」
 これが今までの、企業・雪印の人格です。
 そしてこれこそが、社員ひとりひとりの中に、
 多かれ少なかれ巣くっている悪しき「雪印らしさ」です。
 これからお前たちはどうするのだ。
 いったい今、何を考えているのだ。
 そうした問いに対し、情けないながら、
 現在まだ明確にお答えできる段階には至っておりません。
 ただ、ひとつ。
 社員からなる「雪印体質を変革する会」をスタートさせました。
 私たちは、私たちのこれからを見ていてほしいと、
 心から思っております。

          雪印社員一同
--------------------------------------------------

あの事件から、早や10年が経とうとしています。
食品偽装が横行した、この2、3年を振り返っても、一度失った信用を回復するには、どれだけの辛苦があるか知れません。血のにじむような努力が無かったならば嘘です。

雪印の社員も「私たちは、私たちのこれからを見ていてほしい」と語っていました。
2年前には、不祥事以来初の新ブランド「雪印北海道100」を世に送り出し、信頼回復の兆しが見えている様に感じます。

「口で言うは易し、行うは難し」

民主党政権も、「改革、改革」と言っていますが、「実行」出来るかどうか?に掛かっていると思います。

政権交代を問う審判は8月30日に終わりましたが、世の人の目は今後4年間、審判が続くのですから、その動向は注目の的となるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

自分では止められない「逮捕されて良かった」の悲劇

ヤフーニュースからです。

ヘッドライン
「精神的に弱い人間ですので、逮捕されてよかった」と話している酒井法子被告(スポニチアネックス)

酒井法子被告「逮捕されて良かった」 覚せい剤取締法違反(所持)の罪で起訴された女優で歌手、酒井法子被告(38)が、「あのままだと覚せい剤をやり続けていた。逮捕されて良かった」と供述していることが9月1日、分かった。
--------------------------------
仏教では、「惑業苦」と教えられます。人間の欲望には限りが無く、その欲望(煩悩)を「惑」と言われ、悪いと思いながらもその欲に負けて、やってしまいます。その行いを「業」(ごう)といいます。その結果、受ける報いが「苦」(苦しみ)です。
苦しみのあまり、また迷いの心(惑)を生じて、迷いから出る行い(業)は、当然、悪果(次の苦しみ)を生み出します。
Cocolog_oekaki_2009_09_02_10_36

苦しみが果てしなく続く事です。その始まりは、際限なく広がる欲望。悪いと分かっていながらも自分ではとても止めることが出来ない、苦しみは、まるで車のタイヤが回り続けるかのように、ぐるぐる回って、終わりが有りません。求めては苦しみ、苦しんではさらに求め、また次の苦しみが増幅していく。苦しみの惑業苦はスピードを増して襲いかかって来ます。悲劇の螺旋階段が、逮捕によって止まったと思ったのでしょう。

何かでごまかさなくては生きていけない、生きづらさの反映に違い有りませんが、「分かっちゃいるけどやめられない」のは、酒井法子被告だけではないと、思い知らされました。覚醒剤、酒、タバコ、博打、パチンコ、一度やってしまったら、「いつかやめなきゃ」と思っていても、自分ではどうしようも止めることが出来なくなります。この「惑業苦」の輪が回り始めますから。甘い罠が至る所にあります。

思えば、自分の心でありながら、これほどコントロール出来ないものはありません。自分では止められない「逮捕されて良かった」の悲劇は、他人事ではありません。縁さえくれば、何をするか分からないのが自分です。心していかねば!bearing

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

「なんで?」「どうして?8キロ以下なの?」

小さな子と話をしていると、目の前の事に何でも興味を覚えて、大人に向かって聞いてくるのは
「ねえねえ、なんで?」
「ねえねえ、どうして?」
ということばかりです。

日曜日の朝、洗車をしながら、出かける時間が迫っていたので、前日、高速道路を走って付着したフロントの汚れだけ洗い流していると

「ねえねえ、後ろは?横は、どうして洗わないの?洗わなくていいの??」

と聞いてきました。
「時間がないから、今日は省略しているんだよ。(つまり怠けているんだよ)」
とは言えず、結局、慌てて後ろも横も洗い流してると

「なんで、タイヤは洗わないの?タイヤに水をかけないの?」

と尋ねてきました。

誤魔化しは効きません。しっかり洗車できましたcoldsweats01

そうして、とある駐車場へ入ると、
『構内徐行。時速8キロ以下』
という表示がありました。それを口に出して読んでいると、また、始まりました。

Img_0566

「どうして、8キロ以下なの?ねえ、なんで?」

即答できず、調べたところ……

まず、徐行とは、法的には「徐行=すぐに停止できる速度」となっているようです。教習所などでもらう本には、「ブレーキを踏んで1m以内に止まれる速度」とか、「時速10キロ以内」とか、表現はいろいろあるみたいですが、意味は「すぐに停止できる速度」に間違いは有りません。

ところが、具体的に、徐行=何キロか?という明確な表示は無いようです。そこで、駐車場など、人が飛び出してくる可能性もある、という場所では10キロ以下、さらに10キロというと、心理的に10キロオーバーしていても「約10キロ」となりがちな心理作用もふまえて、10キロを下回った「8キロ」あたりで表示している駐車場が、多いみたいです。
これは、確証があるわけではないのですが、そのような説がある、という話です。確かに「8キロ」と言われると、そうとうノロノロだなあ、と意識しますし、メーターが10キロを超えない様に慎重にもなります。

表示されているのは一つの結果ですが、そこに至った理由、原因が必ずあります。それを知って「結果」を見るのと、知らずに眺めているだけでは、理解が異なります。しっかり理解するからこそ、失敗もしなくなるのではないでしょうか?

「なぜ、このように言われるのか?」
「なんで?」「どうして?」

仏教では、すべての結果には必ず原因がある。原因無しに起きる結果は、万に一つも、億に一つも無い、と教えられます。
もし失敗したならば、理由を知れば、同じ過ちも繰り返さなくなるでしょう。原因の究明こそが、さらなる前進、向上、しいては幸せへの道だと、知らされますねhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »