« PowerPoint Viewer 2007 が起動しない?開かない?映らない? | トップページ | 心と口と体 »

2009年8月22日 (土)

挨拶は自分から

ラジオを聞いていると、ドロシー・ロー・ノルトの、子供への言葉、というのを紹介していました。
覚え書きなので間違っているかもしれませんが……

・批判ばかりされた子どもは、非難することをおぼえる。

・殴られて大きくなった子どもは、力にたよることをおぼえる。

・笑いものにされた子どもは、ものを言わずにいることをおぼえる。
 
・激励をうけた子どもは、自信をおぼえる。

・寛容に出会った子どもは、忍耐をおぼえる。

・称讃をうけた子どもは、評価することをおぼえる。

・安心を経験した子どもは、信頼をおぼえる。
 
・可愛がられ抱きしめられた子どもは、
 この世に生まれてきた事の愛情を感じとることをおぼえる。

聞いていても、なるほどなあ、と思う言葉ばかりでした。
調べてみると、『子どもが育つ魔法の言葉』という本の中の一節のようです。

自分の主張を押しつけることは簡単ですが、相手の主張を受け止めて認め、褒める事は、本当に難しいことです。

ある派遣業者の担当者から聞いたのですが、最近の若い子達へ仕事内容を伝えるのは本当に難しいと言っていました。
「挨拶、返事、というところから教えないと、出来ないんです」
とのことでした。

日頃から、気持ち良い挨拶を受けて、気分が良くなったことが無いのか、挨拶をすることの喜び、嬉しさが無い、と聞いてビックリしました。
子供が育つというのは、まさにこういう事なのだと思いました。
学校では教えられない、では家庭ではどうか?いや、自分の身の回りでどうか?挨拶が無いのは学校で教えないからだと言って家ではしてなかったり、家庭でなされていないからだ、と言っていないでしょうか。自分は挨拶で相手の心を開き、近づこうとしているでしょうか。

お母さんが明るい挨拶をしていたら、子供も明るい挨拶をするようになると思いますし、お父さんが元気よく「ただいま!」と帰ってきたら、子供も嬉しくなると思います。

分かっていても、出来ていない。
私もまだまだ実践出来ていないなあ、と思いました(-.-)反省します。

|

« PowerPoint Viewer 2007 が起動しない?開かない?映らない? | トップページ | 心と口と体 »

モーリー」カテゴリの記事

コメント

おはようございますsun

去年、『子どもが育つ魔法の言葉』を保育園の保護者にコピーして渡しました。

挨拶…子ども達もできない子多いです。返事もしない子も…。毎日繰り返し繰り返し言うのですがなかなかcoldsweats02

挨拶や返事の大切さをもう一度、子ども達と話しあっていきたいと思いました。

投稿: 藤田雅美 | 2009年8月23日 (日) 08時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531590/45988347

この記事へのトラックバック一覧です: 挨拶は自分から:

« PowerPoint Viewer 2007 が起動しない?開かない?映らない? | トップページ | 心と口と体 »