« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月15日 (水)

どうして?激遅のWillcom CORE3G(ウィルコムコア3G)

先日、ウィルコムコア3Gの設定をして、快適に利用しようと思っていたのですが、最近、激遅のウィルコムに困ったものだと思っていました。

3g

実測でも、この遅さでは当初の謳い文句とはかなりかけ離れています。
なんで?どうして?
そこで、ウィルコムの知り合いにお尋ねしてみました(しっかり中で働いている人です)

秋から始まるサービス開始の為(ウィルコムCORE)に、接続プロバイダ設備の増強工場をしており、
7月1日から工事が始まり、20日頃には完了予定だそうです。
ショップで購入するユーザーや、従来のユーザーには案内をしているらしいですが、通信速度についても尋ねましたら、
私が6月末に実測値を計測したスピード(個人的には速いと感じていたスピード)も、
「本来の速度まで出ていない、おそらくPRINの影響でしょう」
とのことでした。
もう1週間ほどお待ち頂けないでしょうか、との事でした。

他にも、大手量販店のショップ店員からの回答なども、ネット上に上がっていましたが、

・速度が遅いのは、予想以上に加入者が増えてPRINがパンク状態になっているため。

・PRINの速度は、7月中旬には改善予定。

・少なくともウィルコムストアで通信機の予約の在庫がある分に関しては想定の範囲内の混雑と考えます。

・通信速度の低下は予想以上の契約者がいて混雑しているから。
7月中旬に増強工事を行うからお待ちください。

等々、サービス開始時には、いつも回線がパンク状態になりがちですが、ウィルコムコア3Gにも同様のことが起きているみたいです。
知り合いの話では、20日頃、とのことでしたので、もうしばらく様子をみたいと思いますriceball

(追伸)
現在、ウィルコムストアでは、CORE3G契約のキャンペーンをやっていますね。
私が契約したときには、やっていなかったのにweep、タイミングとは、こういう物かと思いました(@_@)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

分かったつもりの交通ルール(信号編)

今日、通勤途中のラジオで、分かったつもりの交通ルール(信号編)というのをやっていました。
それは「信号機に表示される矢印について」でした。

「交差点に設置されている信号機に、矢印が表示されるのを、皆さん、知っていますか?」
「あの矢印は、矢印の出ている方向にしか、進めない、という矢印なんですよ」
そんなの知っているよ。と思いました。

「右向きの矢印が表示されたら、右折しか出来ません」
「左向きの矢印が表示されたら、左折しか出来ません」
「直進の矢印が表示されたら、直進しか出来ません」

ふむふむ。聞きながら、
なんで?どうしてこんな事を、ラジオで言っているのかなぁ……?」
そう思っていると、本題に。

「皆さん、交差点でUターンをすることは無いですか?その時に、道路標識は確認されていますか?Uターン禁止の標識は無いか?
 そして、右折信号の表示の時に、Uターンをしたことは有りませんか?これは、『右折のみ』の表示に反しているので、交通ルールに違反しています。
 単純なルール違反で、捕まっては情けないですから、気をつけましょう」

とのことでした。

情けない……そうだなあ、きっと捕まったら、
「そんなこと、聞いていないよ、知らなかったよ、みんなしてるよ!!!」
とか言い訳をいいながら、捕らえた相手を恨んで、腹を立てていただろうなあと、思いました。

ああ、分かったつもりは恐ろしいbearing

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

メモリエラーで悪戦苦闘

仕事で使っているメインのパソコンが、昨日からメモリエラーが頻発して、仕事にならなくなってしまいました……wobbly
Memory_error

久しぶりに悪戦苦闘中です。
調べられる範囲で、メモリのチェックもしてみましたが、エラーが見つかりませんでした。
最後の手段、メモリを一度外して、エラーが発生するメモリを確認しようとして、パソコン内部にアクセスして、
Img_0536

メモリを取り外して、付け替えてみたものの
Img_0541

やっぱりエラー……。

一体何が???ということで、Xpをあきらめて、一緒にインストールされているVistaで起動して、仕事をすることになりました。。。

不可解です。
flash player あたりが関係している様な気はするのですが、原因はつかめていません。

ちなみに、これはパソコン内部のファンです。
Img_0538

CPUと内部の冷却を行っていますが、これから暑い季節、内部上昇はパソコンの大敵ですから、しっかり頑張ってもらいたいと思います!
せっかくパソコンの中を開けたので、掃除機で埃を吸い取って、掃除もしましたcoldsweats01

このメモリエラー、解決策が見つかったら、また後ほどレポートします<(_ _)>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

癒しのモーリー

先日、「モーリーってなんですか?」と尋ねられましたので、本邦初公開(といっても、ちゃんと店にならんでいる商品ですので……)

VILLAGE VANGUARDというショップです。
ちなみに、ここには無いのですが、手元にあるのはモーリーSサイズですcoldsweats01

ところで……「モーリー はりねずみ」で検索してみると、意外や意外、たくさんの人がモーリーを所持していることが判明しました。(モーリー便りもヒットしました)
ネットやブログを通じて、共通の趣味や話題の人を探すことも出来て、行ったこともない遠くの街に住んでいる人かもしれません。ブログでお友達さがし、という時代なんだなあと思いました……。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

人生には決勝点があるのだよ

日曜日、親鸞学徒の皆さんと親鸞会館での御法話に参詣しましたhappy01

何のために生まれてきたのか?
何のために生きているのか?
どんなに苦しくても、なぜ自殺をしてはいけないのか?

親鸞聖人は、なぜ生きる?の答えを知らされ、人間に生まれて良かった、この身になるための人生だったのか!と生命の大歓喜を教えておられます。
その人生の目的を完成したら、どうなる?完成する前と、完成した後で、どこが変わるのか?ということを、正信偈という、親鸞聖人の書かれたお聖教のお言葉を通して、教えていただきました。

「人生とは、死ぬまで求道なんだ。死ぬまで完成ということが無いから、無限に向上出来るんじゃないか?」
と口にする人があります。
「だから、科学はここまで長足の進歩を遂げたのだし、医学技術の向上があったんじゃないじゃないか!」
これも、言われるとおりです。
「では、どこまで行けば、求めてきて良かった!という決勝点にたどりつけるのですか?」
と尋ねられたら、どうでしょう?

死ぬまで向上、より良く!というのは、私たちが生きていく為に必要だからであって、その向上そのものが人生の目的ではないんですよね。
なぜ、よりよく生きるのか?なぜ、その様に便利な世の中にして、生きねばならないのか?この答えが、「なぜ生きる?」の答えなんですね。

人生は、生まれてきたが始めで、永遠の向上の為に永遠の努力をしなければならない、果てしない道を歩くためのものではない、生まれてきたのはこの幸せになる為であった!という人生の決勝点、求めていった先のゴールがあることを、親鸞聖人は教えておられることを、お聞きしました。

生きる勇気、生きる元気、一杯になった一日でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

なんで?どうして?

仏教、親鸞聖人の教えでは、特に「原因」と「結果」について、厳しく教えられます。
私の尊敬する、仏教の講師の先生も、常に
「なんで、こうなったのか?」
「どうして、こうなるのか?」
ということを、問題にされます。

目の前に起きた「結果」には、必ず「原因」があります。
原因なしに起きる結果は、万に一つも億に一つも、有りません。

と言うことは、私たちに原因が分からない、ということはありますが、原因が無い、と言うこととは違います。

だから、起きている現象に対して、「なんで?」とか、「どうして?」と考えて、答えを導く事は、当然です。原因無しに起きる結果は無いのですから、起きた結果が悪いものであれば、同じ悪い結果を受けない為には、徹底的に原因を追及して、突き止めて、悪い結果を起こした原因を無くさなければなりません!!

最近、お友達から勧められて、見ているDVDがあるんですが、ヴォイス 命なき者の声です。
このドラマ(もう終わっていますが……)のキャッチコピーは「僕たちは 失われた命を 救う 医学と 出会った」です。

主人公の瑛太(NHKの大河ドラマ篤姫で小松帯刀役になっていた事で、初めて知りました)扮する加地大己の口癖が「なんで?」「どうして?」なんですが、コミカルな演技の中に、鋭い視点で結果から原因を紐解くストーリーに、ぐいぐい引き込まれていきますhappy01

といっても、まだ1話しか見ていないので、じっくりと見ていきたいと思いますcoldsweats01

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

なぜ車酔いするの?

なぜ車酔いするのか?
先日、車酔いをする人の悩みを聞いて、私も知りたいと思っていたところでしたが、ちょうど「なぜ車酔いするの?」という興味深い記事が、北日本新聞に載っていました。

(1)予想外の動きが脳に伝達される。
 具体的には、急発進・急ブレーキ・急カーブ等です。
(2)異常と判断した脳は不快感を感じ、自律神経が興奮する。胃の動きも異常となる。
(3)吐き気を催す。

だから、運転の上手な人の車に乗ると、車酔いしない、といわれるんですね。
人の車に乗ると酔う人も、自分で運転すれば酔わない、というのは、これが原因です。自分で運転していれば、
「次はアクセル」
「次はブレーキ」
「右に曲がるぞー」
と事前に分かりますから、脳は「異常」な動きとは思わないみたいです。

車に酔ったな、と思ってから、梅干しや柑橘類や酸味の強いジュース等を飲むと、余計に唾液が出てきて気分が悪くなる見たいですから、気をつけた方が良いですね……(@_@)

あと、酔い止めの薬は乗車30分前が効果的、と書かれていました。
あとは、車に乗ることが楽しくなるように、嫌なことは考えないようにするのが良い見たいです(^。^)
そういえば、最近、もう一つ「なぜ?」と思った事がありました。

「なぜニンジンがポキーンと折れるのか?」

この間、とっても新鮮な有機栽培のニンジンを頂きました。ポキーンと気持ちの良い折れ方をします。美味しかったです。
ところで、しんなりしているニンジンと、ポキーンと折れるニンジンの違いはなぜ?と思って尋ねたところ、
「水分をよく含んで、新鮮なニンジンはポキーンと折れるんだよ。水分が抜けてしまうと、シナシナになるよ」
と教えてもらいました。

ふーむ。。。。ふむむ。納得したものの、また「なぜ?」と思ってしまいました。水といったら、
「至りて軟なるは水なり」
とも言われますように、何よりもやわらかいものと言えば「水」ですよ!!その水が入ると、ポキーンと折れて、水が抜けるとシナシナになる???

うーん???世の中、分からないことだらけです。
だけど、
「なぜ、こうなるの?」
と考えることは、頭には良いですよね(^^)v
考える癖を付けたいものです(*^_^*)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

親鸞聖人が、世界の光と賞賛される理由

親鸞学徒の皆さんと、勉強会に参加しました。

そこで、講師の先生から教えて頂いたことで、とても心に残った事がありました。

「あと7年生きて親鸞聖人を書きたい」と
平成3年83歳で亡くなった文学者、井上靖は臨終に言い残してるそうです。

今日も多くの哲学者、文学者が親鸞聖人に熱い視線を注いでいますが、井上氏もその一人だったようです。

なぜ、親鸞聖人は、世界の光と多くの人から賞賛されているのでしょうか?
それは、すべての人が最も知りたい人生の目的を明らかに教えておられるからです。

人は何の為に生まれてきたのか、生きているのか。どんなに苦しいことがあっても自殺してはならないのか?
この本質的な問いに答えうることができるのは、親鸞聖人お一人です。

今晩12時に死ぬと限定されたら残された時間を何のために使うのか。
これが達成できたら死んでも後悔しないと大満足できるものがあるだろうか?
世界の如何なる哲学思想も答えることの出来ない人生の目的を親鸞聖人のみが明らかに教えられたのです。

「なぜ人命は尊いか、説明できた哲学者を知らない」と、P・フットは『道徳的相対主義』の中で告白しています。哲学書を何百冊読んでも分からないこと、それが「なぜ生きる」の答えなのです。

親鸞聖人のみ教えの中にこそ人生の目的があり、だから、親鸞聖人は、世界の光と、多くの人から褒め称えられています。

親鸞会館で高森顕徹先生から、いつも聞かせて頂いているお言葉ですが、改めてすごいことをお聞きしているんだなあ、と知らされました。

限りある命、と思った時、まじめに残された時間をどう過ごせば良いか?考えると思います。
ちょうど、財布の中には限りあるお金、と思ったら、何でも好きなように使うのではなく、いろいろ考えて、困らないようにします。買いたいものがあっても、我慢もするでしょう。
限られた燃料(石油資源)と思うから、低燃費車が注目を集めるのでしょう。

限りがある、実は、これが本当の姿なのですが、ついつい私たちは、いつまでも続くかのように錯覚しています。だから、失ってみて初めてその大切さが知らされる、しまった!もっと大切にしておけばよかった、と後悔してしまいます。

何度、そんな後悔をしてきてか分かりませんが、自分自身の人生においては、決して後悔をせずに、生きてよし、死んでよし、の幸せになりたいと思いました!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

富山県の自殺者、増えているときいてショックを受けました。

先日、警視庁が毎月自殺者数を公表することになりました。
富山県でも、自殺者数が公表されました。
(北日本新聞から)
うつ病で自殺 富山県内で急増
自殺死亡率は、全国では13番目(前年24番目)の高さ

先月の、党首討論でも、医師不足の問題から、3月4月の全国の自殺者が毎日100人に上っている事が話題となっていました。

自殺、本当にショッキングな事です。私も、高校3年生の時、友人の自殺という訃報に本当に衝撃を受けました。
親鸞学徒の知り合いが、同じくその場に居合わせたというショッキングな知らせも耳にしました。東京池袋のビルの屋上からだったそうです。

自殺の原因と並べられるのが、景気の低迷。景気は底打ちか?
底打ちとさせたい、思わせたい、という思惑と、底打ちとしたい、思いたい、という希望的観測が飛び交っていますが、知り合いの派遣業界の人から聞いた話では、大手企業が昨年秋までには、いわゆる「派遣切り」と言われる一手を踏み、内定者への、就職時期延期という事実上の解雇の二手目を踏み、三手目の正規雇用者の解雇・早期退職を取った後、もう一度派遣雇用に切り替える時期が来るだろう、と言っていました。もう、正規雇用のリスクは取れない、というのです。

派遣法の是非を巡っての、国会審議が続いています。一切の短期派遣を廃止するのか、正規雇用のみとするのか、机上の空論と現場の生活者との溝は、ますます深まっていくように思えてなりません。

景気は底打ちどころか、これから訪れる更なる後退に、どこまでリスクを追えるか?に官民ともに、打つ手を失っているのが現状なのかと思いました。

人生を、苦しみ悩みの波が絶えない難度海と仰有り、私たちは、その海でおぼれてはならないと、必死に丸太棒や板切れを求めて生きている、と親鸞聖人は教えられました。肝心な泳ぐ方角を論じる人は一人もおらず、教えられているのは、まさに丸太棒や丸太の在りかと、どうしたら丸太を手にすることが出来るか?板切れへのすがり方ばかり、と思い知らされます。
仮に景気が良くなったとしても、この丸太や板切れのすがり方が増えた、という現実にすぎません。これは、ものすごい現実であり、景気の回復=幸せの方程式をかたく信じている人ばかりの中、実は根本的な解決にはならない厳しさでもあります。

苦しみ悩みの波に飲み込まれるばかりの人生、生きる意味を見つけられずに死んでいるこの心が、本当に人間に生まれて良かった!と生き返るのは、親鸞聖人のみ教えによらなければ出来ないのだと、思います。
苦海の人生を、明るく楽しく渡す大船あり!
親鸞聖人の大宣言に圧倒されます!

この富山県で、本当の親鸞聖人が教えを聞かせて頂ける事を、多くの人にお伝えしたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »