« SSDの安定化、デフラグの効果について | トップページ | 一番聞きたいことと、次に聞きたいこと »

2009年6月27日 (土)

ウィルコムCORE3Gを使用レポート

データ通信業界は、この1~2年の間に、激変が予想されています。各キャリア(携帯電話会社)は、顧客をつなぎ止めておこうと、必死な競争をしています。

その中、ウィルコムから、CORE3Gサービスの提供が始まりました。事前に情報収集して、いろいろ書かれていますが、結論としては、
・月額料金 最低945円
・上限 合計 6930円
で、つなぎ放題になる、ということです。
(8月いっぱいまで、新規加入手数料、通信料、すべて0円になるキャンペーン中です)

2万5千パケットまでは945円(計算では、2万5千パケットは、約3MB)なのですが、試しに30分ほど、日頃見ているブログなどを巡回しますと……
あっという間に11MBを超えてしまいましたcoldsweats02
ということは、本当に出先でのメール送受信で抑えておかないと、月額945円での使用は難しい、ということになります。逆に、出先ではメールの送受信しかしない、と決めれば、実質945円での使用が可能ということになります。

気になる通信速度ですが、広告では、下り最大7.2Mbps・上り最大384kbpsとなっていますが、私が手元で(富山県高岡市です)試験した結果では、平均で
下り 165.24kbps
上り 186.78kbps
と出ました。なぜか、上りの方が早いのは???
(職場の射水市でも、ほとんど変わりませんでした)

具体的に、ウィルコムのいわゆる4xでは、調子の良い時で下り50kbps、上りに至っては10~20kbps程度でしたので、メールの送受信のみならず、web巡回をする上でも、かなり向上しました(^。^)
スカイプでビデオチャットも試してみましたが、こちらのカメラ映像も相手に映ったみたいでした。
いままで、AIR-EDGE で定額通信に4千円ほど使っていた人は、乗り換えても元が取れると思います。
そして、これまでのAIR-EDGE との最大の違いは、「FOMA」の電波を利用している点です。エリアが、FOMAになります。まず、日本全国、FOMAの電波が届かない地域は、普通の人の行動範囲内では無いと思いますので、

・出先で必ず通信環境を整えねばならない人
・移動中(新幹線など)でも通信が出来る環境を整えねばならない人

にとっては、かなりお得なサービスと言えるでしょう。

また、速度は遅くても安く済ませたい、と言う人には、今だけ(?期間限定が年に何回もあるみたいですが)、月額980円で申し込める、AIR-EDGEプランがあります。

いずれにせよ、科学の進歩は止まるところを知りませんが、問題は、その科学の進歩に振り回されてしまってはならないことです。科学は、あくまで、生きていくための利便性をかなえてくれるもの。便利なところは取り入れて、有効に活用していきたいと思いますhappy01

|

« SSDの安定化、デフラグの効果について | トップページ | 一番聞きたいことと、次に聞きたいこと »

ダイナブック・パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531590/45465015

この記事へのトラックバック一覧です: ウィルコムCORE3Gを使用レポート:

« SSDの安定化、デフラグの効果について | トップページ | 一番聞きたいことと、次に聞きたいこと »