« 淡路島の夕陽 | トップページ | 淡路島のタマネギ »

2009年5月 5日 (火)

ナルトと鳴門と、私の人生?

せっかく淡路島まできましたので、一足のばして、鳴門海峡の渦(うずしお)を見てきました!

鳴門北ICを降りて、案内表示に従っていきますと、駐車場に着きました。降りると、いきなり長い長い階段が……
Img_0390

「渦の道」という、まさに鳴門海峡の渦(うずしお)を見る為の建物がありまして、そこへの入り口です。
Img_0393

「渦の道」に着きますと、渦(うずしお)が見える時間が表示されていました。今はちょうど15時!ピッタリでした。
Img_0394

こんなうずしおを想像していました!洗濯機みたいな感じのうずしおです。
Img_0404

ですが、見られたのは、こんなうずしおでした。。。
Img_0416
うずしおって、ほんとうにグルグル回っているんですね。果てしなく、回り続けていました。

ところで、この鳴門海峡付近は、表示も何もかも「なると」で一色でした。そういえば、ラーメンにのっている「ナルト」は、この鳴門海峡の渦から文字っているんですかね?車中でも話題になりましたが、結局、結論は出ませんでした。分かる人があれば、教えてくださいnoodle

車中では、親鸞学徒の皆さんと、どうして仏法を聞くようになったのか?という話題に花咲きました。十人十色、いろいろな人生を歩んできて、一人一人、それぞれの人生に「なぜ生きるか?」の答えを、知りたい、ということがよく分かりました。
宿泊所に戻ってからも、信心の沙汰は続きました。うずしおのような流転輪廻で、ぐるぐる同じことの繰り返しの毎日、果てしなく続きます。どこまで回れば、人間に生まれてよかった!という生命の歓喜が味わえるのか。このままの人生では、果てしなく苦しみ悩む為の人生になってしまうのではないでしょうか。
親鸞聖人の教えられた、その答えを、もっとよく聞きたいと思いますhappy01

|

« 淡路島の夕陽 | トップページ | 淡路島のタマネギ »

モーリー」カテゴリの記事

コメント

4日間、お世話になりましたwink
丁寧に教えて頂き、感謝していますhappy01
初めは学生さんばかりで(社会人の方もおられましたが)不安いっぱいでしたが、楽しく過ごせましたshine

渦潮…観に連れて下さって、ありがとうございました。次は洗濯機のようなのが見られると良いですねtyphoon

帰りは大・大・大渋滞でしたよwobblysweat01淡路島を出るのに渋滞、宝塚付近で渋滞でした。4時間掛かりましたcardash
帰りは高速を降りる所を間違えてしましましたcoldsweats02焦りましたーsweat02

富山まで気をつけてお帰り下さいね。

投稿: 藤田雅美 | 2009年5月 6日 (水) 09時08分

藤田さん、4日間、お世話になりました!
5日の夜が一番渋滞していたみたいですねwobbly大変でしたね。
こちらこそ、有意義な時間を過ごせました。また富山でお会いしましょうhappy01

投稿: モーリー | 2009年5月 6日 (水) 16時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531590/44905339

この記事へのトラックバック一覧です: ナルトと鳴門と、私の人生?:

« 淡路島の夕陽 | トップページ | 淡路島のタマネギ »