« 世界で一番歌われている曲は? | トップページ | 親鸞学徒の皆さんと「親の恩について」 »

2009年3月 7日 (土)

死んだら仏は、ウソ?ホント?

今日は、親鸞学徒の皆さんと、勉強会に参加してきました。
テーマは「死んだら仏は、ウソ?ホント?」という、とても興味深いものでした。

中には、90歳を超えて、俳句をたしなみ、勉強会の中でもビシーっとスーツ姿で参加されている方や、チラシを見て初めて来ました、という女性の方もおられました。

気になるこのテーマですが、「死んだら仏」について、始めに聞いたときに、こんな当たり前のことを、なぜわざわざ?と思いました。
というのは、そもそも「ほとけ」という言葉を、どんなところで聞くか?を考えてみれば、当たり前も当たり前、だからです。
葬式の時、無くなった人を「仏、ほとけ」と言われています。『おくりびと』で有名になった納棺師という職業でもそうです。
納棺師が、仏様をきれいにに棺に入れて、葬式の後で、みんなで火葬場へ行って……
「この仏様は、骨格がしっかりしているね」などという会話を交わすそうです。

しかし、仏さま=死んだ人、としますと、何かおかしなことになります。
仏教とは、仏の教え、仏の説かれた教え、ということですが、仏=死人のことだとしますと、死んだ人の説いた教え、と言うことになってしまいます。死んだ人が教えを説けるはずがありませんから、死人を仏というのは、大変な間違いであることが、分かりました。

では、仏とは?本当の意味の仏とは?気になる続きは、勉強会でお聞き下さい。
こちらからも勉強できますよ♪やわらか仏教人門です♪

|

« 世界で一番歌われている曲は? | トップページ | 親鸞学徒の皆さんと「親の恩について」 »

モーリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531590/44278221

この記事へのトラックバック一覧です: 死んだら仏は、ウソ?ホント?:

« 世界で一番歌われている曲は? | トップページ | 親鸞学徒の皆さんと「親の恩について」 »