« 因果の道理について | トップページ | マウスのこだわり »

2009年2月12日 (木)

ハードディスクからSSDへ

ハードディスクがなぜ壊れるのか?というメモ書きをしましたが、では、壊れない方法はあるのか?と言いますと、1つだけあります。

それは、
ハードディスクを使わない事ですwink

と言いますのも、最近は、実にその可能性が高まってきていまして、SSD(Solid State Drive・フラッシュメモリドライブ)の開発が進んで、いよいよSSDが搭載されたパソコンも、市場に出回ってきました。

磁気ディスクの代わりに半導体メモリにデータを記録するストレージ装置のことです。といってもよく分かりませんが、ハードディスクと違って、円盤もない、モーターもない、よくデジカメの画像を保存したりするのに使っているSDカードなんかの大きくなったもの、とイメージすれば分かりやすいかもしれません。

いろいろなショップでも特集が組まれたりしていますが、ここでも紹介されていました。
最近は、紹介記事も増えてきました。

<メリット>
いろいろありますが、
1.壊れにくい(ハードディスクの様な壊れ方は有りません!)
2.読み込みスピードがハードディスクよりも高速(パソコンの起動時間の短縮や、大量のデータの読み込みが速く済みます)
3.熱を発生しない(ハードディスクの様に、円盤が回転するなど、有りませんから、発熱が抑えられます)
4.バッテリが長持ち(モーターを動かさないので、バッテリの消費量が減ります)

<デメリット>
何よりも、何よりも、高い……これに尽きます。まだまだ高価です。例えば、同モデルのパソコンでも、120GBのハードディスクを搭載したパソコンと、8GBのSSDを搭載したパソコンが同じ価格、というレベルです。8GBのパソコンでは、今まで使っていたのと同じ使い方は、難しいでしょう。OSと、付属ソフトを入れて、簡単なデータを置いたら、もう一杯、となります。

個人的には、もう2年もすれば、ノートパソコンの記憶装置としては、ハードディスクに取って代わるんではないかと思っています。大容量化、低価格化も、進むでしょう。今度、買い換えるならば、SSDを検討しても良いかも知れません。

|

« 因果の道理について | トップページ | マウスのこだわり »

ダイナブック・パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531590/44036790

この記事へのトラックバック一覧です: ハードディスクからSSDへ:

« 因果の道理について | トップページ | マウスのこだわり »