« G7とは? | トップページ | 親鸞学徒の皆さんと信心の沙汰 »

2009年2月15日 (日)

パソコンのセキュリティとパスワード

ノートパソコンを使う場合、どうしても問題になるのが「セキュリティ」です。
まず、自分以外も使う可能性がある、という状況では、セキュリティは全く機能しないと言っても良いでしょう。メールソフトを共有する等は、論外ですが、例えば、Xpであれば、ログイン画面でユーザーを選んで別々に入っているとしても、実は簡単に中身を見ることが出来ます。

パソコンを落とした場合で考えますと。
まず、BIOSパスワードを掛ける。これは最低限です。
これによって、パソコンを起動させることが出来なくなりますから、第三者にパソコンの中身を見られる可能性は無いかにみえます。

ところが、この間も、HDDの交換方法をメモしましたが、ハードディスクは簡単に取り外せます。私たちが扱うデータが保存されているのは、ハードディスクですから、このハードディスクを取り出す事が出来れば、データは丸ごと読み出される可能性があります。
取り出したハードディスクを、別のパソコンに接続する簡単なケーブルが有りますから、もし、パソコンを紛失した場合、悪用されるとしたら、ハードディスクを取り出され(ダイナブックみたいに簡単にできない場合は、パソコンを壊される可能性も有るかも知れませんcrying)、データを取り出されると、あとは別パソコンで自在に読み込む事が出来ます。

そこで、もう一つのパスワード。ハードディスクパスワードというものを掛けると良いでしょう。これは、全てのノートパソコンにある機能ではなく、その様なセキュリティ対応のパソコンでのみ可能なパスワード設定です。
このパスワードを掛けることで、万が一にハードディスクを抜き取られて、他のパソコンに接続されたとしても、データを読み出される可能性は、ほぼゼロになります。

ただ、いくらパスワードを掛けていても、そのパスワードそのものを盗まれた場合は、元も子も有りませんので、そこは各自で気をつけるしか無いですねsweat02

|

« G7とは? | トップページ | 親鸞学徒の皆さんと信心の沙汰 »

ダイナブック・パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531590/44071461

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンのセキュリティとパスワード:

« G7とは? | トップページ | 親鸞学徒の皆さんと信心の沙汰 »