« 有機農業が注目されています。 | トップページ | 親鸞学徒の皆さんと信心の沙汰をしました。 »

2009年2月28日 (土)

イヤな行為を、どれくらい許せますか?

■世界一セクシーに心理学を学べるサイトからの抜粋です。

友人から聞いた話なのですが、興味深かったのでメモをしておきます。

あなたの周りに、「よく怒る人」「なかなか許してくれない人」はいませんでしょうか。
◆許さないのは、○○です。

実はフランスの心理学者であるサストールは、800人の成人男女を対象にして、性格傾向について調べました。
その上で、
「あなたは、誰かが自分にしたイヤな行為を、どれくらい許せますか?」
と聞いたのです。

その結果。
性格的に健康的である人ほど、「許せる」と判断することが多くなりました。
逆に性格面に問題がある人ほど、「許せない」と判断することが多くなったのです。
いえ、当たり前といえば、当たり前の結果かもしれません。
しかし個人的に、非常に重要な真実だと思うのですが、いかがでしょうか。

よく企業にたいして、批判を繰り返す人がいます。
またネットの掲示板などでも、ひたすら悪口や批判を書く人がいたりします。
こういうのを見るたびに感じていた違和感の正体は、これだったのかもしれません。
実際、企業側の対応や、発端になった事件にも、確かに問題はあるでしょう。
しかしまぁ、多くの人は、そこまでエンドレスに怒りません。
さらにわざわざ企業に電話をしたり、わざわざコメントを書くまでのことはしないでしょう。

それでも、激しく強く「許せない!」と思い、その気持ちを時間がたっても持ち続ける。
そうなると、それはもう「性格」だというわけです。
これ、覚えておくと、意外に役に立つのではないでしょうか。

相手のミスを許せないと思うのは、人のせいにしているということですよね。
自分が正しい、と思うから、相手を許せないわけです。人のせいにしても、何も解決しません。だからこそその気持ちは消えないんでしょうね……。反省させられました。

|

« 有機農業が注目されています。 | トップページ | 親鸞学徒の皆さんと信心の沙汰をしました。 »

モーリー」カテゴリの記事

コメント

自分に非は無いか、という気持ちを忘れてはならない、と反省させられました。

投稿: y.o | 2009年3月 1日 (日) 13時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531590/44201589

この記事へのトラックバック一覧です: イヤな行為を、どれくらい許せますか?:

« 有機農業が注目されています。 | トップページ | 親鸞学徒の皆さんと信心の沙汰をしました。 »