« アカデミー賞『つみきのいえ』 | トップページ | 大学入試二次試験日です »

2009年2月24日 (火)

怒りが死につながる可能性

こんなニュースが飛び込んできました。

「怒り」が死につながる可能性=米研究 2月24日17時10分配信 ロイター

[シカゴ 23日 ロイター]
 米国の研究チームは23日、怒りなどの激しい感情が、一部の人々にとって死につながるケースもある心拍リズムの異常を引き起こす可能性があると発表した。
 コネティカット州にあるエール大のレイチェル・ランパート博士率いるチームが心臓病患者62人を対象に研究を行い、心臓病に関する米専門誌「Journal of the American College of Cardiology」にその結果が掲載された。
 ランパート博士は、少なくとも影響を受けやすい一部の人々にとっては、怒りが死につながる可能性もあるとしている。
 地震や戦争、サッカーのワールドカップ(W杯)での敗戦といった出来事が心停止による死亡率を増加させる可能性については、従来の研究でも示唆されている。
-------------------------------------------------
 ひえー!恐ろしい!
 よく、「怒りは無謀に始まり、後悔に終わるものだ」とは聞きますが、死んでしまっては、後悔どころではありませんよねangry
 イソップ物語にもこんな一節がありました。

 二人の女性が、ある農家に住み込みで、働くことにした。
 仕事は、予想以上にきつかった。
 毎朝、ニワトリが、けたたましく鳴きだすのを合図に、外も暗いうちからたたき起こされる。疲れ果てて、彼女らの愚痴は、たまる一方だった。
「こんな苦しい目に遭うのは、あのニワトリのせいだわ。あいつめ、なぜ、朝日が昇る前に鳴くのかしら」
「あのニワトリさえいなければ、もっとゆっくり寝ていられるのに!」
 不幸の原因は、ニワトリだと思い込んだ彼女たちは、とうとう、憎きニワトリを殺してしまった。
 だが、その結果は反対だった。
 農家の主は、ニワトリが鳴かないので、もっと早い時間から彼女らを起こし、山のような仕事を言いつけるようになったのである。
「ああ、ニワトリがいた時のほうが、よっぽどよかった」
 二人は眠い目をこすりながら、後悔するのであった。
 あまりにも苦しみが大きいと、目の前のものに当たったり、誰かを責めたりしがちである。
 そんな私たちに、
「苦しみの原因を見誤ると、何の解決にもならない。それどころか、二倍、三倍になって我が身に返ってくる」と教えている。

 きっと、イソップ物語が書かれた頃には、こんな科学的な証明などは無かったと思いますが、やはり怒りは無謀に始まって、後悔に終わるのですね……。気をつけたいと思います。

|

« アカデミー賞『つみきのいえ』 | トップページ | 大学入試二次試験日です »

モーリー」カテゴリの記事

コメント

怒りは、理性を焼き払い、冷静な判断を失くさせる。
その為に、どれだけ過ちを繰り返してきたか、しれません。
恐ろしい瞋恚の心。気をつけねば。

投稿: y.o | 2009年2月25日 (水) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531590/44163027

この記事へのトラックバック一覧です: 怒りが死につながる可能性:

» 怒りの心は、死に至らせる。 [gosungi]
怒りが死につながる可能性 こんなニュースが飛び込んできました。 「怒り」が死につながる可能性=米研究 2月24日17時10分配信 ロイター [シカゴ 23日 ロイター]  米国の研究チームは23日、怒りなどの激しい感情が、一部の人々にとって死につながるケースもある心拍リズムの異常を引き起こす可能性があると発表した。  コネティカット州にあるエール大のレイチェル・ランパート博士率いるチームが心臓病患者62人を対象に研究を行い、心臓病に関する米専門誌「Journal of the American ... [続きを読む]

受信: 2009年2月26日 (木) 09時42分

» 怒りの心は、死に至らせる。 [gosungi]
怒りが死につながる可能性 こんなニュースが飛び込んできました。 「怒り」が死につながる可能性=米研究 2月24日17時10分配信 ロイター [シカゴ 23日 ロイター]  米国の研究チームは23日、怒りなどの激しい感情が、 一部の人々にとって死につながるケースもある心拍リズムの異常を 引き起こす可能性があると発表した。  コネティカット州にあるエール大のレイチェル・ランパート博士率いるチームが 心臓病患者62人を対象に研究を行い、心臓病に関する米専門誌 「Journal of the Ameri... [続きを読む]

受信: 2009年2月26日 (木) 09時46分

« アカデミー賞『つみきのいえ』 | トップページ | 大学入試二次試験日です »