« ダイナブックに惚れ込んで。 | トップページ | 氷見うどんの美味しい店 »

2009年1月31日 (土)

パソコンが壊れても、まだまだ使えます!

パソコンが壊れた、動かなくなった、買い換えなくては……と慌てる必要は有りません。
ほとんどの場合、壊れた、壊れた、と言っているのは、ハードディスクの事です。ですから、本体のハードディスクさえ交換すれば、まだまだ使える、というものが多いです。

なんと言っても、ダイナブックの素晴らしい所は(!?)この、ハードディスクの交換が楽ちんなのです!
私も、今、使っている、MX/190DRも、EX1も、ハードディスクの交換で生き延びています。

交換だけなら、本当に簡単です。
また後日、写真をアップします。
Dynabook SS MX/190DR編

①本体に繋がっている製品を取り外します。
②アダプタも抜きます。
③バッテリを取り外します。
④パソコンを裏返しにします。
④右手前の蓋の中に、ハードディスクが入っています。
(ちょうど、プロダクトキーのシールの下です)
⑤その蓋のねじ(1本)をはずします。+ドライバーで簡単に取れます。
⑥中にハードが入っていますので、ケーブルを引っこ抜かないように、浮かせます。
⑦ハードディスクに繋がっている、ケーブルをソケットごと抜きます。
⑧ハードディスクを固定している4本のねじをゆるめ、ディスク本体を取り外します。

★いよいよ、新しいハードディスクを取り付けます。
 ここからは、⑧→⑤の逆手順です。
 所要時間は、ざっと、10分程度でしょうか?

この手のダイナブックは、まず復元用のDVD-ROM等が付属で付いています。
電源を入れて、F2を押し、起動モードを選択して、DVDから起動にすれば、あとは、ハードディスクの初期化から初期状態までの設定まで、案内に従っていけば、1時間ほどで終わります。

これで、このパソコンもしばらく使えるようになります。
パソコンを買い換えるとなると、10万近く掛かりますが、ハードディスクの交換ならば7~8千円です。現役続行で、愛着を持って使いましょうscissors

|

« ダイナブックに惚れ込んで。 | トップページ | 氷見うどんの美味しい店 »

ダイナブック・パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531590/43972827

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンが壊れても、まだまだ使えます!:

« ダイナブックに惚れ込んで。 | トップページ | 氷見うどんの美味しい店 »