« ジャネーの法則 | トップページ | ユニコーンを聴いて »

2009年1月27日 (火)

五つの反省

神戸大学海事学部の教授をしていた方から、お聞きした話です。我が母校ということで、やはり馴染みがある感じがします。その時に聞いた話の中で印象に残ったことを、書き留めておきます。

広島県江田島の海軍兵学校には、現在の海上自衛隊にも継承されている五省というものがあったそうです。生徒がその日の行いを反省するために、自らへ発していた5つの問い掛けのことです。
現在でも、江田島を訪れる人が、子供や社員の教育の為にと五省をメモをして帰るなど、当時の海軍兵学校がいかに人間教育に重点を置いていたかがわかります。
また、敗戦後 来日した米海軍のウィリアム・マック海軍中将が五省に感銘を受け、現在でもアナポリス海軍兵学校で五省が利用されているそうです。

■海軍兵学校 五省■
一、至誠に悖るなかりしか(真心に反する点は、なかったか)
「それをしなければ」と思っているのに、何となく、後込みしてしまったところはないか。

一、言行に恥づるなかりしか(言行不一致な点は、なかったか)
「あの人は口だけだ」とか「口ほどに手が動かない」とかいわれるようなところはなかったか。

一、氣力に缺くるなかりしか(精神力は十分であったか)
「仕事なんて二の次だ」などという気持ちは持たなかったか。

一、努力に憾みなかりしか(十分に努力したか)
初めから、「できない」と決めつけて、十分な努力もしないで、あきらめていなかったか。

一、不精に亘るなかりしか(最後まで十分に取り組んだか)
「もうこれくらいで良い」と自己満足をしたり、手抜きはしなかったか。

いずれも耳に痛い言葉です・・
「楽して得られるものは貧と恥のみである」
と言われますが、日ごろの心がけと言動が大事ですね!私も目的に向かって、陰日向なく、努力精進していきたいと思います。

|

« ジャネーの法則 | トップページ | ユニコーンを聴いて »

モーリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531590/43875846

この記事へのトラックバック一覧です: 五つの反省:

« ジャネーの法則 | トップページ | ユニコーンを聴いて »