« 大根おろし | トップページ | 脳トレです。なぜ若くなりたいんでしょう? »

2009年1月16日 (金)

効果的なトレーニング法は?

筋トレと一言で言っても、どんなトレーニングが一番効果的か?ということは、やり始めにはなかなか判らないものです。やっぱり、何でもそうですが、「餅は餅屋」と言われるように、その道の専門の人に尋ねてみるのが一番ですよね。
そこで、トレーナーをやっている人に聞いてみました。
いくつかのパターンがあるそうです。

まず、強い筋肉を作りたい人は……?
・トレーニングに使う重さは、自分が目一杯上げられる重さの7~8割。
・回数は10回×3セット(10回×3セット出来る重さが適当)
・1セット毎の休憩は2分くらい。

次に、持久力のある筋肉を作りたい人は……?
・トレーニングに使う重さは、自分が目一杯上げられる重さの5割程度。
・回数は30回×2セット
・1セット毎の休憩は1分くらい。

この場合、出来上がる筋肉の質が違うみたいですね。かっこよい体を見せたい場合は、強い筋肉の方。持久力や体力を作る場合は、後者が適しているみたいです。

あと、大切なのは、筋トレの場合、毎日やると逆効果なんです。稽古は毎日やるのが基本ですが、筋トレは週に1~2回が良いそうです。もっと具体的に言えば、一回の筋トレで、翌日(ひどい場合はその日から)筋肉痛になります。これは、筋繊維がトレーニングによって破壊されている為に、痛みを覚えます。それが、今度は、ちぎれないように回復をします。それを、専門的には「超回復」と言うそうです。その時に、筋繊維が太くなっていきます。そうして、定着すれば、持っている筋肉が強く大きく逞しくなるわけです。
ところが、この回復を待たずにトレーニングを行うと、、、回復しようとしている途中で、また筋肉を破壊することになります。当然、回復しきっていませんから、本来持っている力も出せず、トレーニングも中途半端になり、徐々に筋力が衰えていく、という結果になってしまいます。

もう一つ、大切な事があって、それは、トレーニングはギリギリまで行うことです。
「難しそう」
と思っても、最後の最後
「ああ、もう駄目だ。もう無理だ」
と自分で限界を作りがちです。そこを
「なにくそ、あと一回!」
と渾身の力を入れてやることが大切です。
何でもそうですね。最後、あきらめるか、あきらめないか?最後の一歩が、大きな種まきとなるのです。頑張りましょう(^^)v

|

« 大根おろし | トップページ | 脳トレです。なぜ若くなりたいんでしょう? »

筋トレ・健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531590/43757688

この記事へのトラックバック一覧です: 効果的なトレーニング法は?:

« 大根おろし | トップページ | 脳トレです。なぜ若くなりたいんでしょう? »