« メメントモリ | トップページ | 氷の上の事故 »

2009年1月14日 (水)

施しは 生きる力の 元と知れ

「施しは 生きる力の 元と知れ」という言葉があります。私の好きな言葉の一つです。どんな事かと言いますと、これは覚え書きですが、こんな話があります。

もの好きな男が、ひとつ地獄を見にゆこうと、ノコノコ出かけた。
たまたま地獄は昼食時で、食卓の両側に亡者共が、ずらりと並んでいる。

地獄のことだから、どうせロクなものを喰べてはいないだろうと、テーブルの上を見ると、 豈図(あにはか)らんや、山海の珍味の山である。にもかかわらず、亡者共は、骨と皮にヤセ衰えている。
「おかしいなぁ」
とよくよく見ると、一様に1メートル以上もある長い箸を持っている。

これでは、いくら美味しい御馳走が目前にあっても、自分の口へは入れられない。

ついで男は、極楽へ行ってみることにした。

丁度、夕食時で、テーブルの両側には、仲良く極楽の往生人達が坐っていた。無論、御馳走は、山海の珍味である。

さすがにみんな、丸々と肥えているなぁと思いながら、ふと箸に目をやると、何とその箸も地獄と同じように、1メートル以上もあるではないか。

一体、地獄と極楽とは、何処が違うのかと、小首をかしげて、食べ始めるところを見ていた。

すると、挟んだ御馳走を自分が食べないで、お互いに向こう側の人に食べさせているではないか。

「成程、極楽へ行っている人の心がけが違うわい」と、横手を打って感心した。

というお話しです。周りの人に対し何か自分にできることはないかを常に考えながら行動していきたいですね☆
その行動は、必ず自分に返ってきます♪

|

« メメントモリ | トップページ | 氷の上の事故 »

モーリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531590/43740294

この記事へのトラックバック一覧です: 施しは 生きる力の 元と知れ:

« メメントモリ | トップページ | 氷の上の事故 »