« 飛騨の山椒ソバ!! | トップページ | 12万5千キロ »

2008年12月31日 (水)

モーリーの年越し

年越しですね。
私の車に乗せているマスコット(モーリー)です。
200812312018000

ハリネズミです。

従兄弟が、「今度、厄年なんだー」と言っていました。
早速、厄払いに行ってくるようです。

なぜ厄払いするのでしょう?

厄=やっぱり、私の幸せを奪うもの、と連想するからでしょうね。
今年の幸運を逃がさない為に!毎年よりも、賽銭も多く入れるし、
賽銭以外にも、酒を持っていくし、供え物を持って行くし、
いつも以上に気合いを入れています。
(私の住んでいる村では、誰も不審に思わない、当たり前の風景です)

だけど、年によって不幸が来るのならば、厄年以外の人は、
不幸にならないのでしょうか?
厄払いに行かない人は、不幸になるのでしょうか?

神社へ行くと、ガラガラ鳴らします。おーい!!カミサマ!起きて下さーい!
今から賽銭を投げ入れますよーーー、しっかり見ててくださいよ!
隣の人は100円でしたけど、私は500円入れますよ!見ましたか!?
パチパチ、手もたたきますよ。まだ寝てるんですかー!
私は今朝は5時から起きてますよー! パチパチ。
といって、心の中で絶叫しながら、ハツモウデします。

やっぽり、そうせずにおれない、そういうものを感じるんでしょうね。
宮へ行かなかったら、賽銭入れなかったら、何か災いが来るんじゃないかなあ?

だけど、ニュースでも、初詣の帰り道に交通事故で亡くなる悲劇も報道されています。
その人は、そこへ行きさえしなければ、事故に遭うことも無かったでしょう。
行かなかったら悪いことが起きるどころか、行ったばっかりに事故の憂き目にあいました。

なぜですか?

その原因は、宮にあるのでなくに行くとか行かない、ではなく、自分の蒔いた種まきによるのです。
悪い行いの結果ならば、自業自得とか言われますよね。
自分が酒を飲めば酔っぱらうのは自分です。
自分が勉強すれば、成績が上がるのは自分です。
自分が営業活動すれば、儲かるのは自分です。
自分が怠けたら、後悔するのは自分です。

自分の言動、種まきを正していくことが、本当に幸せが返ってくる、たった一つの道です。

とすれば、厄払いは意味がないどころか、益無き所業ですよね。

年を越しても、自分の種まきを信じて、頑張りたいと思います(^_^)v
親鸞学徒は、ひたすらに因果の道理を信じて、進ませていただきます。

                                            元旦

|

« 飛騨の山椒ソバ!! | トップページ | 12万5千キロ »

モーリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531590/43666967

この記事へのトラックバック一覧です: モーリーの年越し:

« 飛騨の山椒ソバ!! | トップページ | 12万5千キロ »