« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月24日 (月)

忍という字にあらあわれてますね

先日、ユーキャンが11月22日のいい夫婦の日を前に「20代vs 60代の夫婦観調査」を発表しました。

『夫婦円満に生活をするために一番に心がけて行動していることは何ですか』という問いには、20代・60代共に「なるべく会話の時間を多くもつ」が1位となったそうです☆

夫婦だけでなく、人間関係をよくするためには、より会話が重要になってきますよね♪
また、『「夫婦」についてのあなたの思いを漢字一字で表して下さい』という質問には、20代では「絆」が最も多く、60代では「忍」が最も多かったそうです。
お互い仲良くなれるように努力しないといけないというのが、忍という字にあらあわれてますね(^_-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

面々の楊貴妃

「面々の楊貴妃」という諺があります。知ってますか?
この意味は、自分が好きになった女性は、世界一の美人に見えてくる。
「もっと美しい人がいるぞ」
と、他人が文句を唱える筋合いはありません。だれを楊貴妃と思おうが自由なんです!

なんでこんな話をするのか?と言いますと、これには理由があります。
唐突ですが、
「あなたは何のために生きていますか?」
と問われて、私の経験上、10人に尋ねたら10通りの答えが返ってきます。中には、似ているものもありますが、ほぼ違います。

実は、この「人それぞれ」というのは、趣味や生きがいのことであって、「何のために生きる?」と問われている内容とは、大きく異なるんです。

趣味や生きがいは、人それぞれであって、親や上司や学校の先生から強制されたり、他人に合わせる必要はありません。
スポーツといっても、野球、サッカー、水泳、相撲など、好みは、人それぞれです。
「日本人は全員、野球を好きになれ」と言う必要もないし、押しつけたとしたら異様ですよね。
「面々の楊貴妃」という諺があるように、100人いれば100人みんなが共通になる、ということは無いです。
爬虫類を見ただけでゾッと震え上がる人もいれば、蛇やトカゲを家の中で飼っている人もいる。
農業に力を入れる人もあれば、都会で働く人もある。
趣味や生きがいは、百人百様、人それぞれであっていいんです。

これに対し、人生の目的とは、万人共通唯一のものです。
「なぜ、自殺してはならないか」の答えですから。
日本人も、中国人も、アメリカ人も、ロシア人も、生命の重さに、差別はなく、すべての人は、幸福になるために生きています。
「人生の目的」は全人類の究極の関心事であり、最も知りたいことなんですね(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

なぜ一年で西武は復活を遂げたのか?

西武ライオンズが接戦を制してアジア一になりました!
その西武を率いたのは、今年就任したばかりの渡辺久信監督です。
西武は昨年26年ぶりにBクラスとなり、観客動員数は全12球団の中で最低だったそうです。
そんな厳しい中、監督になったので、周りからは「ハズレくじを引いた」と言われ、ペナントレースの予想では西武は「ダークホース」とか「穴」という評価しかされていませんでした。

なのに、なぜ一年で西武は復活を遂げたのか?
渡辺監督が実践したことは以下のようなことが中心だったようです。

・とにかくよく話(コミュニケーション)をして、選手の考えていることを理解する。
・やみくもに怒ったり、頭ごなしに自分の考えを押しつけたりしない。
・こまめにこちらから声をかける。
・何か教えるときは選手の目線に立って丁寧に説明する。
・固定観念を打ち砕く。

時代にあった育成で、若手が伸び伸びと長所を伸ばしみるみる成長していった秘密がここに隠されているようです。
ちなみに二人の娘さんにも実践しているとか☆

どれも大事な心がけですよね(^-^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

インフルエンザのご用心

最近、周りでも風邪ひきさん(もしくは予備軍)が増えてきました(>_<)
ついつい、「自分は大丈夫」と手洗いうがいをさぼってしまいがちですが、家に帰ったら必ずしましょう!
ちなみに、風邪を治す薬はないそうです。お店で売られているものは、あくまで症状を和らげるもので、風邪を完治させるものではないそうです。
そう考えると、完治させるのは自分の体ということですから、人の体ってすごいなぁ、、と改めて思いました(^-^)/
あと、インフルエンザの予防接種もおすすめします!かかってからでは遅いので(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

マカロニ

グラタンによく入っている、あのマカロニ…
実はイタリアの特産食品ではないのだそうです。
最初にマカロニを作ったのは中国の料理人でした。
このマカロニを食したのが、「東方見聞録」の著者のマルコ・ポーロだったのです。
彼は、イタリアにマカロニを持ち帰り、ローマ法王のボニファティウ8世に献上した。
試食した法王は、その素晴らしい味に
「マ・カロニ」(イタリア語で「おお、素晴らしい」という意味)
と絶賛した。
13世紀にイタリアに入ったマカロニはそれからイタリアを代表する食べ物となったのだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

百味館

昨晩、百味館というレストランで、ブラジルの方とのバイキング会食会に参加してきました。
ブラジルは日本から2万キロ、ちょうど地球の反対側になりますね。四季も逆で時差も12時間、長旅の疲れからか、ちょっとハイテンションでした(^_^;)

それにしても、ブラジルの人は、明るいですよね~。このノリで、リオのカーニバルに突入するのかなあ、なんて思ってしまいました。(*^_^*)
ローストビーフに、ハム、ウィンナー、ふかふかのパンを使ってのサンドイッチ、日本にいながら、すっかりブラジルって感じでした。

グローバルな時代になりました。日本人の誇りを持って世界にアピールしましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

肩こり

肩こりがひどいと言っていましたが、なかなか良くならないんです。
良い処方があれば、教えてください……m(__)m

肩こりのため、筋トレもお休みです。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

子供と接するときに

以前、紹介したことがあるかもしれませんが、子育てハッピーアドバイスという本があります。
その中にあった一節を紹介します。

===10代の子どもに接する10カ条===
(1)子どもを大人の力で変えようという思いは捨てて、肩の力を抜こう。
(2)「どうして○○しないのか」という子どもへの不平不満を捨てよう。
(3)今、現にある子どものよさ、子どもなりのがんばりを認めよう。
(4)子どもへの、指示、命令、干渉をやめよう。
(5)子どもから、話をしてきたときは、忙しくても、しっかり聞こう。
(6)子どもとの約束は守ろう。
(7)子どもに本当に悪いことをしたときは、率直に謝ろう。
(8)威嚇や暴言、体罰で、子どもを動かそうという思いを捨てよう。
(9)本当に心配なことは、きちんと向き合って、しっかり注意しよう。
(10)子どもに、なるべく、「ありがとう」と言おう。

うーん、自分はこの反対をしているなあ、、、と反省させられます。。。
これは、子供に対してだけじゃないですよね。
わかっていても、なかなか出来ないものですが、こちらが努力をしないと、道は開けません。

頑張っていきましょう(´C_,`o)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

Yes!We,Can!

Yes!We,Can!
一躍有名になりましたね。しかし、
「諦めなければ夢はかなう」
自分自身も大きな夢の実現に向けて、負けておれない!と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

不可能を可能にしましょう

『その他大勢から抜け出す成功法則』より、その一節を紹介します。

いまから30年ほど前、映画監督のジョージ・ルーカスは、ハリウッドの大物ダグラス・トランブルに会った。
彼は特殊効果撮影のエキスパートだった。
トランブルはスタンリー・キューブリック監督の
『2001年宇宙の旅』
を担当し、スクリーン上で初めて現実味のある宇宙旅行を表現して見せた人物だ。

当時のルーカスは若く、経験も浅く、劇場公開になった作品は二本しかなかった。
しかしルーカスには新しい映画のビジョンがあった。
「それはSFで『2001年宇宙の旅』とジェームズ・ボンドが一緒になって、宇宙船が飛び回っているような映画」だった。

ルーカスが特殊効果の大御所、トランブルと会ったのは、空中戦を繰り広げる戦闘機のように、高速宇宙船が宇宙空間を飛び交うシーンを撮りたいと考えたからだった。

しかし、トランブルはまだ若いルーカスを相手に、
「そんなことは技術的に不可能だ」
と言って聞かせて、追い払ったのである。

ルーカスは、その分野の「エキスパート」から否定されても、いっこうにあきらめる気配はなかった。

彼の心の目には自分の求めているものが見えていた。
前例はなかったが、必ず実現できると信じていた。
そして、二年の歳月を経て完成したが『スターウォーズ』だった。

当時、それは技術的にもっとも革新的な映画であると同時に、
もっとも興行的に成功した作品でもあった。
ルーカスは夢を実現する秘訣とは

「不可能なことと前例のないこととの違いを理解することだ」と言う。

ルーカスにとってはどんなことも可能であり、たいていのことは前例がないだけなのだ。
それが「不可能を可能にする人」のものの考え方なのだ。

不可能を可能にしてきた人は、他の人が誰もやってないことをやってきたのですね☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

野菜を摂りましょう

イチゴ、メロン、スイカは野菜ってご存知でしたか?
100人に聞いたら、99人は果物だというと思います。
あるいは、知っていて「野菜」と答えても、理由は分からない、という人もいるでしょう。

これらは分類上では野菜の仲間に入ります。
農林水産省は、一年生草本類から収穫される果実は野菜。永年生作物などの樹木から収穫される果実は果物と定義しています。
一年生草本とは、発芽してから花が咲くまでの期間が一年以内で、果実を収穫すると枯れてしまう作物のことで、
永年生作物とは、何年間にも渡って栽培を繰り返し、枝や茎、幹が硬く木質化するものをいいます。

この分類によると、イチゴ、メロン、スイカなどは毎年種をまいて栽培するので、野菜ということになるのだそうです。。。
皆さん、健康のためにも野菜を取りましょうね(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

写真写りを良くしましょう☆

今日は役に立つ(?)コツを紹介したいと思います。
皆さん写真を撮ってもらう時はどんなことを意識してますか?
実は写真写りがよくなるコツというのがあるんです(^_^)/
それもかなり簡単!
『息を吸い込んではきださず息をとめたままの状態で撮ってもらう』ことです。
だまされたと思ってやってみて下さい。
(モーリーは余り変わりませんでしたが……(^_^;)

もう一つは引っ越し会社でも実践されている重い荷物が軽くなるコツです(^O^)
「えっ!そんなはずないやん」
と思わず突っ込んだあなた、実はこれも簡単に出来ることなんです。
『重い荷物が入った段ボールと同型の空の段ボールを下入れて二段にして持つと、手だけでなく体も使って段ボールを支えられるので軽くなる』
というわけなんです。
(これは、本当に便利です(^_^)v

どちらも機会があれば一度お試しあれー(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

バランスが大事ですね。

人間の体とは本当によく出来たもので、一つ一つの部位が、自分の役割をしっかりと自覚して、全体として均衡を保てるようになっているんですね。

私たちは、何気なく手を動かし、足を動かし、歩き、食事をしたりしていますが、すべてが関連し合っているそうです。
一つが崩れると、それを助けるために、別の部位が今まで以上に働き始めます。その無理がたたると、今度はそっちが痛み出します。
分かり易い例でいうと、足を怪我したら、今度は腰が痛くなる。腰痛で悩んでいると、今度は首が痛くなってくる、といった感じです。

五体が満足で問題ないときは良いのですが、一つ痛み始めると、連鎖的に痛み出します。だから、一つとしておろそかにして良い部位は無いんですね。
若さにおごらず、大切な体ですから、大事にしましょう(*^_^*)

筋トレも満遍なく行いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »