« iQが発表されました。 | トップページ | どんな人生を送りたいのか? »

2008年9月10日 (水)

大身者は小身者よりも、ことに倹約につとめなければならない

戦国時代、秀吉の参謀を務めていた黒田如水(孝高)という武将の息子に
黒田長政という武将がいました。

ある時長政が側近に、
「大身者は小身者よりも、ことに倹約につとめなければならない」
と言っていた。

これを聞いた側近が首を傾げて、
「小身者こそ倹約につとめなければ、よけい暮らしが困難になるのではありませんか。大身者は、財産が多いので、それほど倹約につとめなくてもいいと思いますが」

長政は、首を振った。
「逆だ。大身者は財産が多いから、少しばかり倹約をしなくても大丈夫だろうと
高をくくる。ところが、小身者はおまえが言うように、倹約しなければ食っていけないから、言われなくても自分から倹約につとめる。
大身者はどうしても心が緩む。そのへんのところを私は注意しているのだ」
側近は、なるほどと頷いたという。
・・・・・・・
余裕がある時ほど心が緩み、油断してしまう。
「勝って兜の緒を絞めよ」ではありませんが、そういう時ほど注意が必要なのではないか?と思いました。
「最大の敵は心であり、最強の味方も心である」

|

« iQが発表されました。 | トップページ | どんな人生を送りたいのか? »

モーリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531590/43757425

この記事へのトラックバック一覧です: 大身者は小身者よりも、ことに倹約につとめなければならない:

« iQが発表されました。 | トップページ | どんな人生を送りたいのか? »