« モーリー便り | トップページ | ダイヤモンドはいくら? »

2008年2月13日 (水)

転がる石には苔が生えぬ

転がる石には苔が生えぬという諺がありますが、ある本を読んでいたら、こんな話が載っていました。
「桶の中に落ちたネズミ」

ある晩、鼠が桶の中に落ちた。
飛び上がって出ようと、最初は大いに努力したが、桶が深くてとても無理だった。
そこで今度は、桶の側を喰い破って出ようと齧りはじめた。
しばらくやっても、どうも側の木が厚くて堅くて喰い破れそうもない。
慌てたネズミは、場所をかえてまた齧る。ところがやっぱり駄目だった。
そこでその場所をあきらめて、また次の場所に移った。
しかし分厚い木は、なかなか、喰い破れそうもなかった。
散々に、報いらるることのない努力をしたネズミは、とうとう暁方近く、心身共に疲れ果てて空しく死んでいった。

はじめかじりはじめた箇所を、最後まで齧り続けておれば、桶の側の板に通り抜ける穴ができたものを。
世間には、このネズミを笑えない人が多い。
一つのことに失敗してまた他のことに失敗し、転々と自分の仕事をかえてゆく人は薄志弱行といわれる。
もっとも、人間というものは強いものではない。
迷うことなく自分の道に進んで行くということは、なかなかに難しい。
固い意志と、たゆまぬ努力が必要だ。
迷えば迷うほど努力が無駄になると知ったら、最初に熟慮して決断し、断固努力で突き抜けるがよい。
入口の方はとても入る余地のないように混んでいる満員電車でも、奥へ入ってゆけば案外空いているものだ。
入口が塞がっているからといって、断じて絶望してはならない。
西洋の諺にあるではないか。
『転がる石には苔が生えぬ』

たしか、、、英作文では「A rolling stone gathers no moss.」でしたっけ?

|

« モーリー便り | トップページ | ダイヤモンドはいくら? »

モーリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531590/43757462

この記事へのトラックバック一覧です: 転がる石には苔が生えぬ:

« モーリー便り | トップページ | ダイヤモンドはいくら? »